存在の定義

存在という言葉私たちの言語で広く使われており、私たちは通常それをさまざまな文脈で適用します。

既存の行為

存在するという行為は存在と呼ばれます。

当時の先住民の存在は証明されています。」

つまり、簡単に言えば、私たち自身と私たちを取り巻くものの両方で、存在が世界に存在しているということです

たとえば、存在は、世界で目に見えてアクセス可能なそれらの実物の等式のない状態であることが判明します。

存在とは常に、何らかの行動を起こすために静けさと静けさの状態を離れ、世界で何らかの役割や状態を引き受けることを意味します。

私たちが物事が存在すると言うとき、私たちが感覚を通してそれらを見て、触れて、味わって、聞くことができるという固有の特徴があります。したがって、私たちの想像力にのみ存在する問題に関してそれらが提示する明確な違いです。 、私たちの心の働きと恵みによって存在し、それらに触れたり見たりすることができません。

私たちの心の中で起こっていることは、私たちの表現を通してのみ他の人に示すことができます。

人間の生活は妊娠で始まり、死で終わります

また、この言葉は人間の生活を説明するために使用されます。

人は、子宮内で効果的に妊娠してから死ぬまで、つまり人が死ぬまで存在します。

もちろん、妊娠から始まり死で終わるのは目に見える存在です。なぜなら、その人は死後も存在し続けると考えるさまざまな宗教的信念を持つ人々がたくさんいるからです。魂がまだ生きている間、子孫、彼の仕事、または記憶の中で群がっています。

哲学:実体の現実

一方、哲学の分野では、存在はあらゆる種類の実体の現実を意味します。

実際、この領域は、最も多様な観点から、存在の概念に最も近づいた領域の1つであり、同様に、すべての最も著名な哲学者がそうしました。

では古代ギリシャ、前ソクラテスの哲学者、プラトン、アリストテレス、パルメニデスとヘラクレイトスは、とりわけ、コンセプトに取り組んできましたし、それぞれが独自の哲学的視点から自分の貢献をしました。

たとえば、ギリシャのプラトンの場合、彼は対立する本質的な世界と物質的な世界の2つを区別しました。

彼の側では、アリストテレスはありふれた存在に最初に言及しました。個々のものはそれ自体が唯一の現実です。

実存主義の立場

一方、その後、19世紀から20世紀にかけて発展した存在哲学である実存主義は、現実の知識を促進するのは個人的存在経験であると主張している

実存主義は、世界における具体的な存在が存在の構成を決定するものであると信じています。

一方、本質を定義するのはそれぞれの存在そのものであり、人間の状態を定義するノードはありません。

この哲学的傾向の創造者であるセーレン・キェルケゴールは、特に各人間は自分の存在の意味を見つけ、それを個人的に生き、時々生じる困難を克服することによってのみそれを達成するべきであると信じていました。

実存主義の哲学者にとって、個々の面にいる人間は、自分の人生の意味の創造者です。

私たちが前に述べた人々の一時性、つまり、彼らは世界に具体的かつ物理的に存在している間、彼らは目に見えない抽象的な本質ではなく、存在することを構成します。

彼らは人間の個性に特に重点を置いており、これが彼の本質を示すものであり、一般的な人間の状態ではないことを示しています。

それなしでは存在はあり得ないので、人の手からは自由でなければなりません。

自由のために、人間は行為の問題で責任を負うので、倫理は個人であり、人は常に自分の自由の行使の枠組みの中で実行する行為を担当する必要があり、他の誰もそれを行うことはできません

存在の概念とは反対の概念は、存在の概念であり、これは正確には存在の欠如を意味します。

また、の概念は、人生の意味に関して、その概念とは反対です。