方程式の定義

数学では、2つの代数式の等式は方程式と呼ばれ、方程式のメンバーと呼ばれます。方程式では、それらは数学演算、数字、文字(不明)によって関連しているように見えます。

ほとんどの数学的問題は、1つまたは複数の方程式の形式で表現された条件を見つけます

一方、方程式の変数の値のいずれかが等しい場合、この状況は方程式の解と呼ばれます。

方程式の前に、次のシナリオが発生する可能性があります。未知の値のいずれもが等しくなることはありません。逆に、未知のすべての可能な値がそれを満たしている場合、この場合、いわゆるアイデンティティに直面します。数学と2つの数式が不等式で一致する場合、それは不等式として決定されます。

方程式にはさまざまな種類がありますが、その中には、関係する定数や変数が実数ではなく関数である関数方程式があります。一部のメンバーに微分演算子が現れる場合、それらは微分方程式と呼ばれます。次に、2つの多項式間の等式を確立する多項式があります。一方、1次方程式は、変数xが累乗されない方程式であり、1がその指数です。一方、2次方程式として知られる方程式の特徴と微分の特徴は、2つの可能な解があることです。

しかし、天文学の場合、この用語は現在も意味しますが、方程式は、場所または平均的な動きと、星が持つ真のまたは明白な動きとの差です。