省エネの定義

エネルギーの節約とも呼ばれ、省エネやエネルギー効率が必ずしも見ずに、最終的な結果に憤慨したが、エネルギー使用量の削減の究極の目標とエネルギー消費の最適化です。

結果に影響を与えることなく、リソースとコストを節約するためのエネルギー使用の最適化

気候変動について絶えず行われている研究研究によれば、人間が再生不可能なエネルギーへの私たちの多大な依存を減らすことができることが不可欠であり、それ自体が日々ますます枯渇している。

エネルギーを節約するためのヒント

一方、この意味で、2つの問題が不可欠です。1つは、環境に対してより経済的で敬意を持ってエネルギーを取得することを学ぶ必要があり、もう1つは、ここで最も重要なことです。私たちが得たエネルギーを効率的に使用します。つまり、不必要な状況で使用しないでください。

意識的で最適なエネルギーの使用を支持して十字軍に貢献しなければならない多くの方法がありますが、最も優れているのは次のとおりです。白熱灯の代わりに蛍光灯を使用する。後者は、消費を大幅に削減します。余熱を利用する技術であるコージェネレーションの活用たとえば、電気エネルギーを生成するためにタービンなどの設備から出てくる高温の蒸気を、その残りの熱とともに使用すると、水を加熱したり、他のプロセスで使用したりできます。これは、ホテル、産業、病院で広く使用されている手法です。これは、大幅なエネルギー節約に加えて、大幅な経済的節約を意味するためです。

もう1つの方法は、建物や建築物断熱です。たとえば、夏に家の周りに木を植えて日陰を増やすことで、暖房を減らし、ファンやエアコンを長時間オンにする必要がなくなります。家を冷やす。

そして、輸送中の燃料節約は、信じられないほどのエネルギーの節約を可能にするもう1つの重要な手段です。なぜなら、さまざまな輸送手段が石油の消費の主な原因であり、それらが生み出す汚染は言うまでもありません。そのパス。したがって、この点で行われた節約は、エネルギー消費の削減において非常に印象的です。この問題の解決策は、メタノールや水素を含む代替燃料、または再生不可能なエネルギーの消費をますます含まないその他の物質を大量に使用することです。

以上のことから、エネルギー消費量が少ないと供給量の増加が少なくなり、新たな電力供給プラントの建設や他国からのエネルギー輸入など、多くの国で起こっていることです。確かに重要であり、その国はその資源で需要自体をなんとか満たすことができず、それから近隣諸国にエネルギーを売るように頼まなければならず、これはもちろん州に伴う費用を伴います。

各個人に関する限り、私たちの場所から、過半数の貢献に加えて、目前の原因のために本当に実質的な節約をもたらすことができる小さな貢献をすることができます、それらの中で私たちは次のことを言及することができます:一定のレベル。適切で、夏には常に24°に設定することをお勧めします。快適な温度であり、エネルギー消費量が少なくなります。また、電源を入れたときは、窓を閉めて、寒さや熱が逃げないようにすることも重要です。

一方で、重量の少ない容器の製品に傾倒させる必要があります。

消費されていない照明は常にオフにし、使用されていないすべての電化製品やデバイスのプラグを抜いてください。それらの多くは、スタンバイ状態で接続されている場合でも、最小限の費用で回避できます。

一方で、チェックが必要な場合に備えて、私たちが持っている電気設備に漏れがないことが重要です。

家電製品は家庭でのエネルギーの主要な消費者であり、冷蔵庫は最もエネルギーを消費するものです。したがって、理想は制御された適切な消費を示すモデルを選択することであることを知っておくことが重要です。また、ドアが完全に閉まるので、より多くの消費を生み出す漏れを回避する必要があります。最後に、サーモスタットを適切なレベルに配置します。

自宅や職場からのそれぞれが多くのことを成し遂げることができるような小さな貢献のようには思えませんが、私たちが数千人の場合、その貢献は倍増し、大幅な節約になる可能性があります。