勾配の定義

地形学の要請により、傾斜は水が流れる衰退する場所になります。通常、斜面は、山、山、尾根の場合など、はるかに高い地点の間に位置する傾斜面として表示されます。または、斜面や谷の麓など、それより低い地点でも傾斜面として表示されます。

侵食の作用と問題の地形の岩の特徴の結果として、斜面は規則的または不規則の異なるプロファイルを示します。つまり、斜面が壊れます。同様に、植生、表面、凹凸、太陽への露出、高さが傾斜を決定します。

主に山の間に位置するには通常泉があり、川や小川が対応する泉を通って流れるのが一般的であり、したがってその地域に生息し、生き残るために水を必要とする生物にとって計り知れない水源になります。

その一部については、流域としても知られ、水路流域は、同じ素子を流れる流域の集合であり、それは川、湖や海です。一方、このタイプの流域は通常、上部流域(ここで問題の河川または水源が生まれる)、中流域(この部分では固形物と水のバランスがとれる)、および下部流域(取られた物質)の3つのセクションに分けられます。上部盆地からは、落葉円錐に堆積します)。

一方、今述べた、海自体に流れ込む流域のセットは、水路流域と呼ばれます

この用語の別の使用法では、屋根の傾斜面のそれぞれを説明することができます。

また、一般的な言語では、トピックまたは状況を分析できる側面または視点はスロープと呼ばれます。この事業にまつわるすべての側面を分析しなければ、私たちが望む成功を収めることはできません