監督の定義

監視が含ま活動の点検するアクション、モニター、いずれかのジョブまたは種類を、常に、この目的のために優れた完全に訓練を受けた専門家によって発揮されます。後者は正弦波の条件であることが判明します。なぜなら、何かを監督する使命を持っている人は、監督を必要とする活動や仕事を行う人よりも高いレベルでなければならないからです。私は助監督の病気に直面して撮影を監督するように依頼されました

監督の主な基本的な目的は、展開されるアクティビティまたはジョブが十分に実行されることです。

一般に、監督は企業、特に消費用の製品やサービスを提供する企業の要求に応じて非常に現在の活動であり、品質要件を遵守する必要がありますが、一方で、利用可能なリソースを最適に使用するために必要です。そのため、企業では上司の役割を果たす人に会うのが一般的です。

監督者に関係するさまざまなタスクの中で、次の点が際立っています。作業者、使用される原材料、使用されている場合は機械の状態、および作業に関連するその他の重要なリソースの制御

彼が行使するポジションの責任の結果として、監督者はそのポジションの行使に完全に適格でなければなりません。彼は、生産に関係する材料、技術、および手順に関する確かな知識を持っている必要があります。また、監督および訓練される要員に対処できるようにするコマンドおよび教育能力も持っている必要があります。

ほとんどの企業では、上司は上司、取締役、またはマネージャーに定期的に報告する必要があります。