リースの定義

リースとは、通常は二者間で成立し、第一者(賃貸人)が一部(家具や不動産)を第二者(テナント)に引き渡すことを前提とした契約のことです。 )あなた自身の利益のためにそれを使用するように。この賃貸借契約は、第二者であるテナントが、契約の共通の合意によって確立された期間にわたって定期的にそのローンの支払いをしなければならないことを前提としています。場合によっては、支払いは現金で行われることもあれば、テナントがそのスペースまたは要素の使用から達成する製品の貸手部分を付与することによって行われることもあります(たとえば、土地の一部が賃貸されている場合)働いた)。

リースは、二人の間で交わすことができる最も一般的な契約の1つであり、経済活動に関係する場合もあれば、家を利用できる人と別の人との間で確立されるものもあります。住む場所や定住する場所を探しています。通常、家賃と呼ばれ、2週間ごとまたは月に1回家主に支払うことができます。また、このタイプのリースは2年から3年続くのが一般的であり、両者が他方に満足している場合は更新される可能性があります。

リースは、アクションの特定の特性のために、賃貸人をより良い状態に保つ傾向がある一種の契約です。これは、この数字が、知らないかもしれない他の人の用益権のために彼の資産を提供または割り当てることによって「リスク」に入っていると考えられる場合にそうです。このように、契約は通常、預金または前払金の支払い(すべてがうまくいけば返還される可能性がある)、時間前の契約のキャンセル、時間の増加など、賃貸人の防御および保証として機能するいくつかの要素を確立します現時点の経済状況に応じた家賃、入居者の行動に伴う費用や罰金等。その部分については、テナントは、すべてを遵守しなかったために罰金を科されるという罰則の下で、正当な理由なしに契約をキャンセルすることはできません。テナントは通常、明確に正当な方法でそうする場合にのみ、契約のキャンセルを要求する可能性があります。