連帯の定義

それは、その感情への連帯という言葉で知られているか、多くの価値観によっても考慮されています。それを通じて、人々は団結し、同じ義務、利益、理想を共有し、それが現代を確立する基本的な柱の1つを形成していると感じて認識します。倫理。社会学の要請により、連帯という用語は、この文脈特別な参加を享受します。これは、前述のように、特定の社会のメンバーを団結させる社会的つながりの団結を想定した感覚です

このように、自分のニーズではなく、他の人のニーズを満たすことを目的とした行動は、連帯していると言われています。したがって、連帯のアイデアは、外部の原因に対するサポートを表しています。その意味で、それは他人の状況への共感の感覚が先行する一種の助けまたは協力です。

連帯は、個人および集団の観点から、そして一方で、人間の道徳的側面に関連する社会学的現象として理解することができます。

個々の飛行機

誰かが助けを必要としている他の人やグループを助けることを決定した場合、彼らはお金や時間を最も必要としている人に割り当てるためにお金や時間の一部をあきらめるので、利他的で寛大な行動を取ります。この種の行動を実行する方法はたくさんあります。簡単な配布物、社会団体でのボランティアとしての活動、NGOへの送金、慈善家のような多額の寄付などです。

社会学面

フランスの社会学者エミール・デュルケームは、機械的連帯と有機的連帯を区別しました。1つ目は、個人が相互扶助を促進するコミュニティの絆と集合的な感情を確立する、原始的な氏族のコラボレーションを指します。一方、機械的連帯は複雑な社会の典型であり、類似していないが重要な違いがある個人間で実行されます。

コンセプトに関するいくつかの評価

連帯の概念は、その反対側、連帯の欠如があることを私たちに思い出させます。2つの傾向は人間の状態の一部であり、たとえば戦争で同時に発生することもあります(戦争自体は敵の破壊を意味しますが、利他的で無関心な行動が発生します)。

連帯のアイデアは、さまざまな状況で見られます。したがって、ほとんどの宗教的伝統には、連帯に関連する提案があります(キリスト教の思いやりや慈善を忘れないでください)。倫理的反省の調整に身を置くと、概念についての議論が見つかります(たとえば、利他主義と利己主義についての議論)。一方、国家の考えそのものでは、連帯感を感じることができます(たとえば、最も不利な立場にある人々を助けることを目的とした政権によって促進された行動)。

メディアに出てくるニュースでは、連帯の問題が頻繁に取り上げられています(国内総生産の0.7%で第三世界を支援するという提案や難民問題は2つの明確な例です)。

連帯は倫理的価値ですが、疑わしい方法で実行されることもあります(たとえば、付与された援助が本物のコミットメントよりもイメージ上の理由によるものである場合)。

連帯は当初、他人への無私の助けを意味します。ただし、それには明確なユーティリティコンポーネントがあります。実際、私たちが寛大さを提供すれば、私たちは自分自身について気分が良くなるので、何らかの形で勝つことができます。

最後に、連帯は人間の社会的側面の論理的帰結です。その意味で、私たちには自分のニーズを満たすという自然な衝動がありますが、同時に他者への共感を感じ、この気持ちが連帯行動の原点です。

写真:iStock-Cylon / Miroslav_1