友愛の定義

友愛の概念は、人間を特徴付けるさまざまなタイプの結びつきの観点から最も興味深いものの1つです。友愛は、2人の兄弟を結びつける絆として説明でき、血の絆に加えて、子育ての文脈、生きた経験、人格などに関係する無限の感情的および心理的つながりを想定しています。血の絆が必ずしも共有されていない人々との交わりもしばしば感じられますが、多くの感情的な人生経験が共有されています。

友愛の抽象的な概念は、常に、結合、相互尊重、および伴奏の概念を意味します。これらすべての特徴が兄弟関係を作る(または彼らにすべきである)ものですが、兄弟愛の絆は、これらすべての要素が存在する非血縁関係にまで拡張することができます。とりわけ社会主義や共産主義などの多くの哲学的および歴史的流れは、社会のさまざまなメンバーが一緒に行動し、共通の利益のために団結する友愛の概念に頼っています。

この考えに従えば、友愛はまた、それを形成するメンバーが定期的に少数の優れたメンバーだけで同じ場所を占める機関である可能性があります。したがって、友愛は、特定の目的を持って集まる共通のつながり(血の有無にかかわらず)を持つ人々によって形成され、指示されることを特徴とする組織です。彼らはアメリカの大学や学校で非常に典型的であり、他の人に反対し、シンボル、儀式、思考の形、儀式のシステム全体を確立する多かれ少なかれ大勢の人々を代表しています。