保育園の定義

苗床は、森林、果物、観賞用の植物を生産するための農業インフラです。保育園の種類ごとに特定の目的があります。森林保育園は主に木材の生産を目的としています。果樹の苗床は、果物を手に入れることを目的としています。装飾タイプは、庭、公園、または屋内の都市空間の装飾に焦点を当てています。

苗床のデザイン

考慮すべき最初の側面は、スペースとその場所の選択です。一連の問題がそれに依存しているので、この側面は関連しています:植物の最終目的地までの距離、労働力の利用可能性、気候、土壌の特性、水資源または光への暴露。これらの各側面は、苗床の最適化に不可欠です。一方、保育園を設計するときは、このタイプの設置に最適なサイズを定義する必要があります。

他の種類の保育園

植物の苗床が最も一般的ですが、他のモダリティもあることを忘れてはなりません。釣りの制限により、魚や甲殻類の養殖場が作られ、製薬業界向けに魚のワームや藻類を生産することさえあります。孵化場としても知られているカタツムリの苗床もあります。

これらの施設には、そのすべての形態とバリエーションにおいて、従来の自然要因に依存しない方法で生産を最適化するという共通の目標があります。

ビジネスの保育園

ビジネスインキュベーターは、起業家のビジネス活動を促進することを目的としたインフラストラクチャです。起業家は限られたリソースで活動を開始し、これらのスペースが作成される効果的で有用なプラットフォームを持つことができるようにすることを考慮に入れる必要があります。

ただし、ビジネスインキュベーターは、通常、商業支援や公的機関からのサポートなどの他の補完的なサービスを組み込んでいるため、オフィス、電話回線、会議室、家具を備えた単なる物理的なスペースではありません。

ビジネスの世界では、苗床はインキュベーターとしても知られています。名前に関係なく、これらのエンクロージャーでは、革新的な環境を作り出す試みがなされています。このように、新会社の出現が促進され、雇用創出に貢献しています。ビジネスインキュベーターの分類は次のとおりです。公共部門によって促進されるもの、企業のもの、および公共と民間を組み合わせるもの。

写真:iStock-Leonardo Patrizi / michaelpuche