就任式の定義

就任式はイベントであり、私たちの文化では非常に一般的なお祝いであり、その使命は、毎年恒例のフェア、公共または慈善目的の建物、サービス、記念碑、プライベートハウスなどのイベントの始まりを祝うことです。 、彫像、教育機関、商業ビジネス、就任式で彼らのサイクルを開始する他のもっともらしいイベントの中で。言い換えれば、就任式は何かの出発点であり、したがってそれはその始まり、デビューです。

就任式の詳細、設定、特徴は、その動機に依存します。つまり、ほとんどの場合に繰り返されるいくつかの慣習がありますが、それが公的なものか私的なものかによって異なります。コンテキストや何が発足しているかに関係なく、発足。

就任式を特徴付けるこれらの問題の中で、私たちが強調できる問題の中には、特別な行為や式典の開発、このイベントが行われる場所の調整、花で飾る、就任式の機会をほのめかす他のオブジェクトや注意があります;シンボルで始まることを示すために発足した物理的な場所に配置されたリボンの切断。名誉を与えられる誰かの名前でのプラーク、彫像または記念碑の発見;就任式の主人公は、通常は同じことを形式化するスピーチを提供し、それを通じて、行為に関与する意図と感謝も明らかにされます。そして当然の結果として、その行為の後、カクテル、ランチ、またはディナーがそれを祝うために参加するように招待されることが繰り返されます。

人生のほとんどすべての分野で開口部があります...彼の最初の家を購入する個人は、通常、そのイベントを祝い、彼の友人や家族にそれを提示するために新築祝いのパーティーを開きます。

一方、幹部の役割を果たす政治家は、通常、仕事の枠組みの中で多くの就任式を率いています。学校、病院、建物、構造物など、特別で関連性のあるタスクが実行されます。

また、芸術の世界では、劇場、絵画展などのオープニングも一般的です。