保育園の定義

保育園とは?彼の主な動機は

保育園は、数日から3歳であるため、まだ学校に入学する年齢に達していない非常に幼い子供たちのケアに専念する教育機関です。基本的に、保育園は、両親が仕事中に子供を預けることができる特別で適切に調整された場所を持っている必要性の結果として生まれました。言い換えれば、これは単に保育園の起源の理由であり、仕事上の理由のために一日のある時間に子供たちの正しい世話をすることを妨げられている現代の親のニーズです

ベビーシッターではなく、適切な専門家を選択してください

これらの研究所の子供または赤ちゃんの教師または監督者は、いわゆる早期教育または就学前教育の分野の専門家です。

彼らの仕事は、お母さんとお父さんとして行動し、そのような幼い頃に一般的に必要とされる基本的な動きとケアを監督することだけでなく、遊び心のある方法、つまり興味のあるゲームやその他の提案を通して彼らに学ばせることに焦点を当てていますそれら。

彼らは彼らに特定の問題を学ぶか、いくつかのスキルを開発するように促します。これはもちろん、この状況が将来開発することを可能にする社交性に加えて、学校生活を適切に始めるときに非常に役立ちます。同様に、それらは通常、悪い習慣や子供の頃の暴力を検出するための良い例であり、もちろん、それら自体を修正したり、両親に警告したりして、早期に治療することもできます。

保育園には正式で制度化された教育プログラムはありませんが、それに参加する子供を教育し社会化するためにさまざまな活動が行われています。そのため、多くの親はこのオプションを選択し、1人のベビーシッターを雇って子供を世話することはしません。彼らが仕事に行く間、家に帰ります。

民間および公立の保育園

なお、公立の保育園、つまり国が管理・維持管理・助成を担当している保育園もあれば、親が子供に月額料金を支払わなければならない私立の保育園もある。

州によって組織され管理されているデイケアセンターは、実際には最も少なく、全世界に存在するデイケアセンターのほとんどは私的利益に対応しているため、状況によっては、彼らの料金に直面する収入は彼らが彼らの子供を連れて行くことができることを本当に難しくします、そして彼らは親戚が彼らに与えることができる手に頼らなければなりません。

状態はオプションとともに存在する必要があります

母親と父親が普段働いている今日、母親と父親が仕事の義務を果たしている間、子供たちを残すための特別な場所を持つことが非常に必要であることがわかりました。このため、州はこの問題にもっと注意深く存在し、大きな財源を持たない親にアクセス可能な代替案を提供するように注意する必要があります。確かに、デイケアセンターは非常に必要なものになっています。なぜなら、私たちが言ったように、一部の親は出勤しなければならず、実際に他の選択肢と比較すると、デイケアセンターは、子供を収容、社交、彼らが提供する教育。

苗床を選ぶときの注意

しかし、その必要性と快適さが親を盲目にせず、時間をかけてそれらのニーズを満たすが、子供たちに快適で愛情のこもったケアを保証する保育園を選ぶことも重要です。残念ながら、最近では、保護者が最も貴重なものである子供たちを残す場所を選ぶ際に、もちろん警告を発した教師による暴力の事例が多くあります。

このため、選択には注意と注意を払うことをお勧めします。理想は、推奨される保育園を雇い、専門家によって提供される治療とケアがどのように行われているかをその場で理解できるようにすることです。