土木工学の定義

土木工学はあるビルド、デザインに特化されたエンジニアリングの枝とまた、高速道路、橋、運河、ダム、道路、鉄道、空港、ダムなどのインフラを維持するために、他の人の間で、すなわち、主にアドレスが油圧や輸送プロジェクトを開発します非常に重要であり、通常は公の秩序に対応しています

土木工学はまた、建設された作品を管理および保存することに注意する必要があります。このように、それは建設の欠陥を提示する仕事で起こり得る事故の防止に直接貢献します。

土木工学は、軍事工学と並んで、最も古く、最も伝統的な工学分野の1つですが、地球物理学、環境工学、輸送工学、都市工学、水力工学、測量など、さまざまな分野に分かれています。

この活動の実践の本当に千年の記録があります。でメソポタミアや古代エジプト、それは彼が遍歴人生を放棄することを決定したときに避難所に家を建てるための人間の必要性の結果として使用されるようになりました。また、より簡単かつ快適に移動する必要があるため、この点で前進するプロジェクトを生成することを心配するようになりました。そして間違いなく、当時の主要な建造物の例に言及しなければならない場合、エジプトピラミッドが際立っています。

19世紀から20世紀の間に、測定器と数学的計算の改善と進歩が到来し、最終的には現代の土木工学の輪郭を描くことになります。

この工学分野で働く個人は土木技師と呼ばれ、大学で工学の学位を取得すると、土木技師としての練習ができるようになります。主題の関心のある分野に応じて、特定の分野に特化する場合があることに注意してください。

土木技師の仕事の見通しについては、行政や民間の分野で、地方自治体や国の政府機関で、あるいはコンサルティングや大企業でそれぞれ活躍できるため、実に多様です。