話すことの定義

人間のコミュニケーションの領域内では、口頭での表現が個人にとって非常に重要であり、常に重要であることに疑いの余地はありません。この形のコミュニケーションが他の人よりも生き残っていることは、それが社会で共存するための人間の最も重要で有用な能力の1つであることを示しています。歴史を通して、人間は常に口頭で自分を表現する可能性を持っていましたが、比較して比較的短期間しか存在しなかった他のコミュニケーションの形態や技術については同じことが言えません。

口頭表現の概念を説明的な言葉で定義しようとする場合、それは特定の意味を持つ概念、アイデア、用語を確立するために人間によって開発された能力であると言わなければなりません。ここで、人間の口頭での表現は、動物の口頭でのコミュニケーションとは異なります。それは、目的と欲求を持って実行されますが、順序付けられておらず、意識的でなく、特定の意味に満ちていません。口頭での表現は、人間が仲間と連絡を取り、つながりを確立することを可能にするものであり、そこから始めて、共通の目的、目標、およびプロジェクトを確立する機会があります。

一方、口頭表現のアイデアは、特定の個人が言葉を介して特定の聴衆に到達する能力にも関連しています。これは、特定の明確に決定された目的を達成するために、日常の口頭表現が説得力のある談話構造になることをやめるときです。展示会、討論、会議、クラス、説教などの状況は、特定の人々が適切なメッセージを受信者に伝えるために優れた口頭表現スキルを持っている必要がある状況です。

話す際の戦略と重要な要素

この意味で、個人がスピーチで大衆を捕らえ、アイデアの問題で彼らを説得することを可能にする多くの展示技術が最近開発されてきた。

ボイス

声は、空気が肺から排出されて喉頭を離れると声帯が振動するときに出る音です。聴覚イメージは常にすべての聴衆に影響を与えるため、口頭表現の要請では声が重要です。間違いなく、声を通して感情や態度を伝えることができます。

ポジション

姿勢とは、私たちの体のすべての関節が関与する位置の関係と、四肢と体幹の間の相関関係、およびその逆の関係です。簡単に言えば、姿勢とは、周囲の空間に対する私たちの体の位置と、人とそれとの関係です。姿勢は、とりわけ、文化的、専門的、遺伝的要因、習慣にも関連していることに注意する必要があります。

したがって、その立場が持つ可能性のあるすべての影響のために、話者はそれを通して聴衆または対話者との親密さを確立することが重要です。体のこわばりを避け、逆に体の姿勢を通して静けさとダイナミズムを示すことを常にお勧めします。

ディクション

ディクションは、言語の単語を使用して文を形成する方法で構成されますが、単語の使用とその組み合わせが問題の言語に関して正しく、満足のいくものである場合、それは良いディクションと見なされます。たとえば、話者は言語を上手に使いこなす必要があります。そうしないと、口頭で自分を表現して理解することが困難になるためです。その間、その良い取り扱いの中に、単語の正しい発音が含まれています。これは、メッセージを理解するために間違いなく不可欠な問題です。

流暢さ

一方、流暢さは、個人が母国語で、または第二言語がある場合は第二言語でも、正しく自然に自分自身を表現しなければならない能力です。言い換えれば、流暢さは継続的に話す能力であり、これは明らかに機能的であり、口頭での表現が効果的であるために不可欠です。

ボリュームとリズム

メッセージを正しく送信するためには、口頭表現の音量とリズムを管理することが重要です。声の強さとハーモニーの維持と正しいアクセント。

明快さと一貫性

どちらも、正確な方法と論理に従うことで自分自身を積極的に表現するのに役立つため、関連する条件です。証明されているように、明確さも一貫性もない場合、メッセージは説得力がなく、使命を果たしておらず、もちろんコミュニケーションに影響を及ぼします。

見て

聴衆との絶え間ないアイコンタクトを維持することは、聴衆が関与していると感じるために不可欠です。視線は、すべての非言語的要素の中で最も重要であり、物事を最も伝える要素の1つです。一般的に、反対側に自分の目を見ていない対話者がいると、人々は不快に感じます。これは通常、不信感を生み出し、間違いなくメッセージの効果的な到着に影響を与えます。