腹部の定義

腹部は、胸部と骨盤の間に配置された人体一部であり、その場所の結果として、消化器系および泌尿生殖器系の最も重要な器官の入れ物になります。腹部は一般的に腹または腹として知られていることは言及する価値があります。

食道、胃、小腸と大腸、膵臓、胆嚢、脾臓、および泌尿器系の一部が主な腹部臓器です。

人体のこの部分は、人の脂肪や痩せの問題と非常に密接に関連している部分です。なぜなら、私たちが太っているときに広がる部分と、痩せているときに平らで平らになる部分だからです。

人が肥満に苦しんでいるとき、または通常の体重を超えているとき、脂肪が腹部に正確に集中するのが一般的です。その間、その地域に蓄積された脂肪を減らすために、理想は体重を減らすために従うべき最良の治療法についてあなたを導く専門家に相談することです。平らな腹部が好きな人には、通常、健康的で低脂肪の食事と運動、特にいわゆる腹筋運動が推奨されます。

一方、妊娠中の女性の場合、腹部は自然に広がります。

通常腹部に影響を与えるいくつかの病状と状態があります。一方では、炎症を起こした腹部は、次の要因による腹側容量の増加をもたらす典型的な障害です:女性の場合の月経前症候群、脂肪、妊娠、空気摂取。

一方、急性腹症は腹腔内の病状であり、患者に大きな不快感を与えます。それに応じて治療しないと、深刻な合併症を引き起こす可能性があり、外科的介入が必要になることもあります。

一方、節足動物、外部骨格と関節付属肢を備えた無脊椎動物の場合、腹部は胸部まで続く体の裏側を表しています。したがって、これらの存在の体は合体節または領域に分割されているので、腹部は節足動物の最後の合体節であると言えます。