音声学の定義

言語学として知られている科学の中に、音声学として知られている非常に重要な分野があります。音声学は、舌から喉の最も内臓までを含む音声システムのさまざまな部分の位置に応じて、人間の声によって発せられる音、その形成、およびその変形を研究することに専念しています。

非母国語を学ぶとき、音声学は常に学習プロセスの基本的な部分です。音声学は、言語の典型的なイントネーションを除いて、各音、各単語を正しい方法で発音できるようにする言語の一部だからです。その人は生まれてから持っていて、ネイティブと同じように言葉を発音しました。

音声学は、人間が後で音声で使用されるさまざまな音をどのように生成するかを分析することに特に関心があります。この意味で、音声学は、これらの音を認識して分析しやすくするために、これらの音のそれぞれを表現しようとするさまざまな記号を作成します。

したがって、各単語は、アルファベットの文字で表されるものとは異なる記号で一般的に表される特定の音のセットで構成されています。それらを理解するために、音声学はまた、後で簡単に繰り返すために、口のさまざまな部分と声帯システムによって各音がどのように生成されるかを理解しようとします。

音声学には、言語の使用を実行するさまざまなアプリケーションと方法に関係するいくつかのサブブランチがあります。したがって、音声学内の既存のブランチのいくつかは、実験的、調音的、音響的音声学です。それらはすべて、音がどのように生成されるかだけでなく、音がどのように海外に送られるかに関係するさまざまなパラメータ内で、音声の物理現象を分析しようとします。