金細工職人の定義

金、銀、合金のオブジェクトと要素の機械加工。真の手工芸品

金細工は、この問題を専門とする専門家によって行われる手作業であり、金、銀、合金、その他の貴金属などの材料で作られた物体や道具を彫ることで構成されています。

確かにそれは芸術であり、それを作る人は誰でも真の芸術家です。なぜなら、それは上質で独創的なデザインが作品の主役である手作業だからです。

オブジェクト装飾で最も重要で最も古い芸術

金細工の芸術は、人間が開発した最も古いものの1つであり、オブジェクトや要素の装飾に関しては、今日でも最も重要なものの1つです。

最初の前例は新石器時代の終わりにあり、使用された材料は銅でした、そして金、銀、そして青銅が地面に着きました。とりわけ、王冠、ブレスレット、ネックレス、指輪、イヤリングは、それらの初期の時代の金細工職人を飾った製品でした。

主なテクニック

もちろん、歴史を通じて、金細工は新しい材料の使用だけでなく、融着、ハンマー、叩き、切断、金メッキ、溶接アセンブリなどの技術においても進化してきました。

特に宗教や政治での使用

現在、金細工のサービスを最も要求しているのは宗教と政治の分野です。宗教的な場合、後で教会(ランタン、シャンデリア、十字架)を飾ったり、聖人の像や人物を飾ったり、聖杯やホストが含まれている眼鏡など、すでに象徴的なものを飾ったりするために使用されるアイテムが要求されます。ほとんどの場合、それらは金細工職人の仕事によって細かく刻まれています。

そして、政治の場合、大統領のスタッフの場合のように、コマンドの引き受けの要求で使用される要素は、同様に、大統領が他の国からの訪問者に与える他の多くのオブジェクトは、注目に値する伝統的なものによって作られています金細工人。

大統領が友好国を訪問するために旅行するとき、または別の同僚が彼の国に来るとき、彼らは土着の物を交換し、そして多くの場合、それらは金細工人によって作られるのが一般的です。