誠実さの定義

誠実さは人々が示す行動であり、それは彼らが一般的に真実をもって行動し、話すこと、つまり嘘をついたりふりをしたりしないことを意味します。

嘘をつくのではなく、真実を語る傾向がある態度

さて、この誠実さへの気質は、特定の出来事の前に存在する、人の個性の一定の顕著な特徴であるか、それが失敗している可能性があります。

「誠実さが彼女の主な美徳であるため、私は常にマリアの意見に興味を持っています。」「謝罪に誠実さを感じたので、許しました。」

普段人生で真実を語る人は誠実だと言われます。それは質と道徳的美徳として高く評価されており、ほとんどすべての文化的文脈でこの立場を評価し、嘘や欺瞞を非難しています。

肯定的な評価と称賛に値する美徳

誠実さは特に真実に関連する概念であり、場合によってはすべての人に前向きに評価される態度です。もちろん、誰も嘘をついたり騙されたりするのは好きではありませんが、もちろん必ずしもそうとは限りません。そのようになるために....

誠実さは、人々が自分の人生に直面しなければならない態度であり、それは正直さと日常生活のすべての分野での真実の使用によって特徴付けられます。

誠実さは、私たちが言ったように、人の最も重要で称賛に値する要素または価値観の1つです。なぜなら、それは、あらゆる種類のふりや偽善を脇に置いて、存在し、一体となって行動することに基づいているからです。

誠実さは主に子供と狂った人々に起因します。彼らの状態のために社会的行動のガイドラインにそれほど縛られておらず(それは時々私たちが思っているのとは異なる行動をとることがあります)、したがって恐れることはありません。彼らが本当に考えていること。

誠実さは間違いなく、人が持つことができる最も称賛に値する高貴な特徴の1つです。それは、社会空間内でより良い条件で生活することであると想定することを含みます。

誠実でない人々もまた、彼らが頻繁に訪れる社会的および公共の場にいるように自分自身を示すことができず、この苦悩、怒り、怒りまたは怒りを生み出すために苦しむ傾向があります。多くの場合、不誠実さは人の内気さ、受け入れられないことを言うことへの恐れ、そして仲間のグループにひどく落ちることから生じます。

他の場合では、偽善や不誠実さは特定の結果を得るために特に求められますが、どちらの場合でも、それは人にある種の対立を引き起こし、それをそのまま示すことも想定することもできません。

誠実さが傷つく可能性がある場合の欠点

ほとんどの場合、正直は前向きな姿勢ですが、ある意味では、何か否定的なことを意味することもあります。これは、さまざまな分野に適切に適応できず、結果、形式、または一般の人々を考慮せずに常に最初に頭に浮かぶことを言うことができない人々に当てはまります。正直すぎると、状況によっては、迷惑または攻撃的と見なされる場合があります。

それは大丈夫で正しいことであり、さらに、前述のように、常に真実を語り、正直であることが称賛に値しますが、特定の状況では、誠実であることが他の人に害を及ぼす可能性があります。この時点で、感受性を傷つけないように注意する必要があります。

体重が増えた人のことを考えてみましょう。その中には、常に残忍な誠実さが特徴の誠実な人がいて、彼女を見ると太っていると言って、そうするように勧めています。体重を減らすための食事療法。

もちろん、それは健康的で適切な推奨事項ですが、あなたが直接そう言うと、間違いなくその人はそれを気に入らないでしょう。

特に友人を助けることに関しては、それから遠く離れてはいけませんが、時にはもっと微妙で誠実に注意しなければならないことを認識しなければなりません、それは価値がありますが、それが適切で有用な場合は修正する上記のような場合ではなく、良いものが傷つく可能性がある問題。