キャンディーの定義

子供から大人まで愛され、賞賛されているお菓子は、間違いなく私たちが見つけることができる最も魅力的な食用食品の1つです。お菓子は、さまざまな方法でさまざまな材料で作られた小さなお菓子と定義できます。おやつは、顧客の注意を引くために、魅力的な色、形、サイズであることがよくあります。通常、スイーツの販売を専門とする事業はキオスクと呼ばれますが、キャンディーストアや幅広い選択肢のあるストアもあります。

キャンディーの本質的な特徴の1つは、話しているキャンディーの種類に関係なく、かなりの量の砂糖が含まれていることです。また、おやつは他のすべての食品や食用食品のようにビタミンやミネラルを含んでいないため、それ自体は栄養価の高い食品ではありません。これは基本的に、キャンディーは小さな甘い部分であり、おいしい味を楽しむために頻繁に食べなければならないという考えと関係があります。しかし、お菓子の乱用や過剰摂取は一部の人にとっては正常であり、そのような状況は肥満や糖尿病などの深刻な問題を引き起こしやすいです。

御馳走は膨大な種類のオプションで見つけることができます。お菓子を考えるときに最も人気のある要素の1つはキャンディーですが、あらゆる種類のチョコレートやボンボンもこのグループに分類されます。アルファジョレス(2つのクッキーにさまざまなフレーバーのムースを加えた小さなパンケーキ)、ガム、ロリポップ、マシュマロ、ゼリー、ぬいぐるみ、マシュマロなど。これらのおやつは、チョコレート、クリーム、さまざまなフルーツ、ヌガー、アーモンド、ミント、ドゥルセデレチェなどのさまざまなフレーバーで見つけることができます。

通常、キャンディーの最も重要な魅力の1つは、主にサイズが小さいため、他の製品よりもはるかに安いことです。したがって、アルファジョールやお菓子のパッケージを購入することは、果物や本当に栄養価の高い他の食品を購入するよりも安く(そしてより美味しく)なります。