サービスの定義

経済やマーケティングにとって、このようなことを誇る世界の社会では、母親のように流行し、不可欠なサービスとは、企業が社内で実行する一連の活動であり、たとえば対応できるようにするためのものです。そして顧客のニーズを満たします。良いですが、借りると必ず消費されるので、これとは異なります。

クライアントが会社に要求するある種の手続きの管理の場合のように、一般的にサービスは無形ですが、例えば、電化製品の修理の場合にも有形である可能性があります。

すでに無形性と有形性にさらされているものに追加される最も顕著な特徴の中には、次のものがあります。異質性:2つの類似したサービスが同一または等しくなることは決してありません。これは、提供される人や時間の変化と関係があります。不可分性:消費と生産の両方が完全にまたはほぼ同時に発生します。腐敗性:主に私が述べた分離不可能性と所有権の欠如のために、サービスを保存することはできません:サービスを購入する人は誰でもそれを受け取る権利を取得しますが、その所有者ではありません。

一方、すべてのサービスなど、優れたサービスを提供したい場合は、次の原則に従う必要があります(複数の企業がそれらをよく読んで適用するとよいでしょう!):サービスの姿勢、それがサービスを提供することを光栄に思い、サービスの購入者に完全な満足を提供し、必要に応じて、不測の事態が発生した場合、サービスで発生した問題の解決策を見つけることが不可能ではないことを示し、提供されなかったサービスの料金を請求しますまたは、提供が不十分で、権威主義的な行動に近づかないようにします。これは、たとえば、サービスを提供する会社がクライアントと雇用者の両方に最良の仕事のコンテキストを提供する必要があることを意味します。

これは基本原則の一つであり、サービスを実施する時期に関しては、品質、製品仕様の確立、フレンドリーで丁寧な扱い(礼儀正しく勇気を奪うことはありません)、常にクライアントの満足を期待することを遵守する必要があります。クライアントを待たせるのではなく、想定された約束を守ります。これは、サービスを取得するときに通常発生する最も苛立たしいものの1つであり、否定的であっても、最終的には常に意見を述べることができます。