不可分なの定義

不可分という言葉は、通常、学術または学術分野に関連付けられているため、あまり一般的に使用されていない言葉です。不可分性の直接的な意味は「疑いの余地がない」に他なりません。これは、の接頭辞が単語の残りの部分(疑わしいまたは疑わしい)の否定として機能するためです。前述のように、この用語は主に学術分野で使用され、科学または科学研究に関係する可能性があり、各分野の特定の特定の技術の使用から証明された状況、イベント、または現象を指します。一般的に、私たちが何かを紛れもないものとして話すとき、私たちは、実践的または経験的な方法で裏付けられた要素または状況を指し、位置または信念に関係する可能性のある状況または現象を指していません。その意味で、選択は非常に主観的であり、したがって客観性に欠けているためです。

しかし、科学的にそれを裏付ける手段や可能性がなくても、人が自分の言うことが正しいと確信している場合、つまり、ほとんどの場合、すでに私たち全員ではないことが起こっている場合でも、不可分という用語を使用することは可能です私たちの意見やアイデアを見つけるために経験的な実践に移ります。このように、ある状況が別の状況の原因または結果であるということは、ある人にとっては紛れもないことであり、別の個人の視点をとると簡単に変わる可能性があります。しかし、ここで重要なのは、主観から人にとって何かが不可避または否定できないことを理解することです。

多くの場合、紛れもない姿勢を持つことは、多かれ少なかれ強い性格と関係があり、それを証明する証拠がなくても、自分の考えを簡単に納得させることができると確信しています。一方で、自信のない不安定な人は、おそらく自分の立場や視点を不可分であると定義するのにより多くの問題を抱えています。この場合、とにかく、意見や立場が持つ可能性のある紛れもない性格は、それが経験的かつ客観的に真実であるかどうかではなく、人とそのアイデアの表現方法に依存すると言えます。