道徳的判断の定義

通常、非常にまれに、私たちの行動、ことわざは、私たちの周りの倫理的性質の意見や評価を生み出し、私たちは私たちの周りの人々の行動に関してそれらを実行します。これにより、私たちが行うすべてのことに対して非常に一般的であり、他の人に道徳的および倫理的な感謝を生み出すことが判明したことを表明したいと思います。

しかし、これらの考慮事項は通常、問題の社会で長い歴史を持つ伝統、習慣、習慣、親しい人々によって伝えられた経験、そしてたとえば、まだ共有されているさらに広範な社会的慣習に基づいています。異なる文化。

正式には、私たちが目撃している特定の状況または行動に直面して道徳的価値を肯定または否定する精神的行為に対する道徳的判断と呼ばれます。つまり、結果として与えられる道徳的判断は具体的に事実または態度における倫理の有無

それぞれの人間が持っている道徳感覚のおかげで道徳的な判断が可能です。この道徳的感覚は、私たちが生涯を通じて習得し、学んできた計画、規範、規則の結果です。私たちの道徳的判断を通じて、行動が倫理的原則を欠いているのか、それともそれらに反しているのかを確認することができます。

最初に、この情報と教訓を私たちに送信するのは家族、両親、祖父母であり、次に私たちが介入し、私たちの訓練を担当する教育機関が働き、最終的には環境。私たちが開発する環境は、何が正しいか、何が間違っているかを教えてくれ、他の問題の中でも特に良いこと、悪いことを教えてくれます。

また、今日、これまで以上に、メディアは、意見の作成者として、道徳的判断の形成の要求において基本的です。多くの人々は、彼らによって発行された評価を過度に評価し、それらをエコーすることになります。このため、そこで働く人々がこれを認識し、コミュニケーションをとる際に責任を負うことが重要です。

そして、特定の状況で道徳的な判断を下さなければならない場合、判断を表明する要求の結果として私たち自身の経験を自動的に確認するすべての手荷物は、それらすべての教え、信念、および考慮事項をすぐに利用できるようになります家族、学校、社会の両方が私たちに教えてきた善と悪について、そしてそれはその行為や行動が良い、悪い、受け入れられるかどうかを判断するのに役立ちます。

このことから、子供時代から私たちに植え付けられてきた教育と価値観が基本となり、何かが正しいか間違っているかを判断するための基礎となることがわかります。

常に、道徳的な判断を通して、行われることを意図しているのは、何かの真実に到達しようとすることです。

したがって、道徳的に良いか悪いかの定義は気まぐれな問題ではありませんが、いくつかの例外はありますが、通常の習慣ではそうではなく、すべての道徳的訓練と密接に関連しています。

一方、無関心、飽和、物忘れなどの問題により、提供された基準が適時に拒否される場合があります。確かに、このような状況に陥った人は、機能する上で特定の困難に直面するでしょう。たとえば、社会では、ルールを拒否したり、無関心だったりすると、社会の中で人がうまく共存したり、成長したりすることは事実上不可能であり、何かが正しいときに間違っていないことを正しく判断できる可能性があります。または間違っている、つまり、行われたことが良いか悪いかを認識することです。

残念ながら、これらの場合、結果は悲惨であり、道徳的判断を欠く人々にとって結果は非常に危険です。なぜなら、彼らの行動や行動は、彼らの行動が損害や紛争を引き起こすという事実に注意を払わない不合理によって必然的に支配されるからです。

犯罪者は私たちが言っていることの目撃者です。犯罪者は常に規範、社会的に合意されていること、そして人に自然に期待されていることに反して生きています。限界生活は、ほとんどの場合、善と悪の間のその評価と、道徳的価値について子供に教え込まれたすべてのものを破壊することになります。