コピュラ文と述語文の定義

コピュラ文は、動詞ser、estar、appearによって形成される文と、これらの動詞によって形成されるいくつかの婉曲表現です。これらの文には、動詞に付随する属性が常にあります。したがって、「サラは日本語」、「マヌエルは秘書」、「ルイーザはバルセロナ出身」の場合、動詞の形には何らかの属性が伴います(属性には名詞句、形容詞句、前置詞句などがあります)。

コピュラ文では、述語は口頭ではありませんが、記名的型です

これらの文は、動詞の形式自体が完全な意味を持たず、その機能が主語と属性または述語を結合することであるため、コピュラと呼ばれます。「ガブリエラは私の友達です」という文は、主語と属性を結び付ける動詞を使用しているため、コピュラです。

コピュラ文の述語は名詞述語と呼ばれることに注意してください。

述語文

述語文は、ser、estar、またはappear以外の動詞で構成されます。ただし、これらの文は、述語値を持つコピュラ動詞で構成することもできます。したがって、「マリアはボゴタ出身」と「マリアはボゴタにいる」の場合、最初はコピュラ文です。ボゴタ出身であるということは、主題に固有の性質を意味し、2番目ではボゴタにいるというのは状況的な状況だからです。

これらの文は、言語述語のコアがコピュラ動詞でない限り、常に主語と言語述語で構成されます。この意味で、私たちは、文の動詞がそうではない、あるべきである、またはそうであるように見えない場合の言語述語について話します。

「サラダンス」という文では、使用される動詞が「ある」、「ある」、「見える」ではなく、さらに、「踊る動詞」には完全な意味があり、文を作成するための属性を必要としないため、述語です。センス。

文を分類するためのさまざまな基準

コピュラ文と述語文の区別は、動詞の性質に基づいています。ただし、文は他の方法で分類できます。

1)話者の意図を考慮に入れると、叱責的、質問的、感嘆的、疑わしい、命令的、または希望的な文章があります。

2)直接目的語の必要性を考慮に入れる場合、他動詞または自動詞の文について話します。

3)文を構成するメンバーが企図されている場合、私たちは単一または二枚の祈りについて話し、

4)動詞で表現された行動が自分自身に当てはまる場合、それは反省文であり、行動が共有されている場合、それは相互文です。

写真:Fotolia-monikakosz