人類学の定義

人類学は、研究の主な目的が個人全体である社会科学です。つまり、人類学は、自然科学、社会科学、人間科学などの分野によって提供されるさまざまなアプローチを通じて、人間の主題に対処します

したがって、人類学とは、人間が属する社会と文化の枠組みの中で人間を知ることを可能にする科学であり、人間をこれらの産物として見ることもできます。これは、生物に関する鋭敏で広範囲にわたる詳細なX線のようなものです。 -人類の存在を理解する社会的プロセス。

長い間、歴史上の男性は、彼が誰であるか、どこから来たのか、どこでライフスタイルを手に入れたのかなどの問題について疑問に思っていましたが、学問としての人類学は18世紀半ばにのみ出現しました。ジョルジュ=ルイ・ルクレール、コント・ド・ビュフォン、作家、自然主義者、数学者、植物学者などの職業に属する博物誌としてバプテスマを受けた作品の依頼。

当初、人類学の研究対象は、文化や文明を知り、それに焦点を当てること、これによって理解すること、芸術、習慣、道徳、法律、信念に限定され、男性が取得して採用したものは、かつてメンバーになりましたしかし、人類学は人間が属する環境に対して人間が与える反応の研究にも焦点を当てているため、その社会のこれはさらに進んでいます。文化は人間の差別化要素です。

人類学の価値は、人類学がその研究対象である人間に非常に確実に適用した多くの情報を統合して収集することに成功したことです。

一方、人類学のもう一つの顕著な特徴は、例えば宣教師の旅行者の話で証明された、いわゆるフィールドワークを導入した最初の科学の特徴です。

人類学は、4つの分野またはサブ分野に分けることができます。人体が過去と現在を経験した多様性、つまり解剖学に対応する進化を研究し分析することを扱う物理的または生物学的人類学。社会人類学は、人間の行動、文化、社会関係の構造の研究に焦点を当てたサブブランチです。一方、もう一方の部門である考古学は、過去に地球に住んでいた人類の研究を担当しています。つまり、彼らが何をしたか、何を食べたか、それらの原始的なものを知ることができる部門です。人々は自分自身を捧げました。すでに絶滅しています。そして最後に言語人類学は、人類学の一部であり、人間の言語の研究を扱います。何よりも、彼らが時間の経過とともに達成した開発と、移住や彼らに与えられた情報の圧倒的な普及などの問題の影響を扱います。私たちの惑星で起こった。