慎重さの定義

慎重さは、品質、何人かの人々持っている美徳であるだろう、それによって早期かつ早すぎる仕事のために損傷や悪影響をトリガ避け、行動し、細心の注意と反射との生活の中で動作するように彼を取ることを

フアンは非常に注意深く運転しているので、墜落しことは一度もない。」

人を思慮深く慎重な方法で行動し、話すように導く美徳

私たちが言及したこの反省的で慎重な方法は、誰かの行動と話すことの両方で観察できます。たとえば、誰かがこのように示すとき、彼らは慎重に話し、行動すると言われ、慎重と呼ばれます。

可能性を分析し、行動する前に少し時間がかかります

慎重さは常に、何が起こっているのか、重要な選択に利用できる代替案の分析をやめることを意味します。したがって、決定を下す前に、冷静に効果を評価することができます。

言い換えれば、慎重さとは、すべての選択肢を意識的に検討し、時間をかけて最適な選択肢を選択し、行動を起こすことを意味します。

慎重さの特徴を読むことは、もちろんそれを実践するよりも簡単で簡単です。それは、意識的で事前の作業を伴い、常に話したり行動したりする前に時間をかけて考えるため、持つのが難しい品質である理由です。

そして、私たちが知っているように、今日の生活は、何度も狂乱に包まれて、私たちが思慮深く行動することを妨げています。

衝動をマスターすることは間違いなく難しい仕事ですが、それは慎重さへとつながる道です。

一方、慎重さの概念は、特に重大な出来事や悪いニュースの対人コミュニケーションの要請で、節度、節制、注意、節度などのさまざまな価値観と品質に関連しています。

賢明な人は誰でも公正かつ適切な方法で行動し、他人の気持ちや他人の生活の尊重を決して侵害しません。

彼は誰かを傷つける何かを言うか何かをする前に考えるからです。

宗教:枢要徳の1つ

カトリックの教義の中で、慎重さは、4つの基本的な美徳(正義、節制、慎重さ、強さ)の1つであり、それがガイドとして機能するため、重要な位置を占めています。

カトリックは、慎重さが善と悪を区別することを可能にし、善を達成するための適切で助長的な手段を選択するのにも役立つことを教えています。

無謀、反対側

相手は無謀に見られ、無謀な人は、彼の急いで不合理な行動の結果として、彼自身の命を危険にさらす可能性があり、さらに悪いことに、より多くの人々の命を深刻に危険にさらします。

無謀さは、人生を移動するときに注意がないことにあります。

それは、無謀な行動をとらないように忠告された何かを意識的または無意識に忘れることを含みます。

その人の悪意が仲介する場合、慎重さを欠いた行動を実行する明確な意図があったため、現行法によって罰せられる場合、その行動はもっともらしい犯罪と見なされる可能性があります。

ここで、無謀な行為は通常、誰かの悪意ではなく不注意の結果であることを強調する必要があります。

無謀さの例としては、交通標識を尊重せずに車を運転する人、サッカーチームの勝利を祝うために銃を不適切に使用する人などがあります。彼らは空中に撃ちます。そのようなショットは誰かの人に当たる可能性があります。そして、とりわけ、賞金のすべてのお金を使い、彼の借金を支払わない彼の死を引き起こします。

職業の行使において、無謀とは、習慣的かつ義務的であると見なされ、実行されるタスクの良い仕事の一部である特定の予防措置を省略することを意味します。

一方、無謀さは法律の分野で罰せられ、罰または罰は、犯された行為に従って彼らのために留保されます。

エジプトの文化は、三頭の蛇、犬、ライオン、オオカミの絵から慎重さを表すことができました。なぜなら、伝統が言うように、エジプト人にとって、賢明な個人は蛇の狡猾さ、ライオンの強さを持たなければならなかったからです。 、オオカミの敏捷性と犬の忍耐力。