二元化合物の定義

化学では、二元化合物は間違いなく最も重要な要素の1つです。二成分化合物とは、酸化物ナトリウム(ナトリウムと酸素)、酸化リン(リンと酸素)、酸化硫黄(硫黄と酸素)など、さまざまな化学元素の原子を持つことを特徴とする化学タイプの化合物を指します。 、とりわけ。二元化合物は、異なる化学元素を合計し、それらの結合した元素の特性の合計によって形成される新しい元素に変換されるため、より複雑になります。

二元化合物の分類に関しては、2つの主要なカテゴリがあります。この意味で、酸性酸化物と呼ばれる二元化合物と、塩基性酸化物があります。前者は酸素と非金属元素の結合から形成されますが(無水物としても知られています)、後者は酸素と金属で構成されるものです。この分類を説明する際に、酸素を組み合わせ可能な元素と見なしますが、水素などの他の元素についても同じ分類が繰り返されます。したがって、酸性水素化物は水素と非金属元素を含む二元化合物になり、塩基性水素化物は水素と金属を特徴とする二元化合物になります。

二元化合物は、想像以上に一般的で見つけやすいものです。一般に、私たちの日常生活で私たちを取り巻く元素の大部分は、2つ以上の化学元素の結合を特徴とし、特定のタスクやアクションに使用される複雑な元素です(たとえば、重曹キッチン)。したがって、バイナリ構成は、特定のアクションの特定の目的で開発できます。