社会経済的地位の定義

社会という用語から形成される多くの概念があります:社会政治的、社会言語学的、社会生物学的または社会経済的。それらはすべて共通の考えを表しています。現実の2つの側面の融合であり、そのうちの1つは社会全体です。

社会経済的地位は、個人、家族、または国の経済的および社会的能力として理解されています。どういうわけか、私たちは皆、3つの社会経済的レベルまたはレベル(低、中、高)についておおよその考えを持っています。しかし、社会学的な観点からは、客観的な基準に基づいてレベルを正確に確立する必要があります。このために、社会学者は一連の異なる変数(研究のレベル、家のタイプと部屋の数、パソコンのタイプ、食物への支出の割合、水へのアクセスなど)を使用します。これらの変数が家族に適用される場合、その社会経済的レベルを指定することが可能です。これらのデータを準備するために、社会学者は数学的アルゴリズムを使用し、得られた結果は非常に有用です(市場調査を実施するために、人口の現実を知るため、または政治目的で人口統計調査を実施するため)。

社会経済的レベルを測定するための基準は、ここ数十年で進化している問題です。厳密な理論的枠組みを確立することで、社会のある側面をよりよく理解できるようになることを心に留めておく必要があります。

一般的な考慮事項

ほとんどの社会学的研究は、人々の健康状態を彼らの社会経済的レベルと関連付けています。

国の死亡率はさまざまな社会経済的レベルに依存し、同じことが他の社会的指標(出生率、高等教育を受けた人口、子供の数など)でも起こります。

社会学から、社会経済レベルに基づいた分析が行われ、このタイプの研究により、あらゆる種類の現実(消費習慣、少年非行、就学率、またはジェンダー暴力について)を知ることができます。

最終結論

社会経済的レベルは社会学的ツールです。言い換えれば、それらは私たちが社会の変化を理解することを可能にする一般的なデータです。すべての社会は動的であり、あらゆる社会で発生する変化を理解するためのメカニズムとパラメーターを持つことは有用であることを忘れてはなりません。データは、ある意味で一連の個人の人間の現実を表現しているため、数値やパーセンテージ以上のものです。

写真:iStock-JackF / ollo