分析的経験的方法の定義

科学研究は、新しい発見を可能にする知識の開発に不可欠な柱です。経験的・分析的方法は、指定されたコンテキストで原因と結果の間に存在する接続に基づいて、一般的な法則を確立することができるという、現象の研究を深めるために使用される観察方法です。

経験と知識の形態

統計分析は、社会科学の分野でも広く使用されています。何世紀にもわたって、哲学は最初の知恵、最も重要な科学と見なされていました。古代ギリシャの最も著名な哲学者の一人であるアリストテレスは、現実を知る上での実践的な経験の価値を説明しました。

仮説の実現可能性を判断する方法

経験の観察から、観察によって収集されたデータを分析することによって推論を引き出すことが可能です。経験的分析的方法は、観察可能、定量化可能、および測定可能な事実の現実に対処します。これは、仮説が正しいか間違っているかを判断する科学的デモンストレーションを通じて、厳密な方法で仮説をテストする方法です。仮説を検証したり反論したりするために、さまざまな実験が行われます。

時間と傾向とともに変化するシナリオの研究を強化するための新しい情報の組み込み

ただし、これは常に新しいデータを組み込んでいる科学的知識の一形態であることに注意してください。最近の研究は、以前に達成された真実に基づいています。そのため、知識の歴史は、さまざまな著者が行った貢献の合計になります。

経験的分析手法は、問題の特定から始まり、仮説を提示し、その分析を実行します。

分析的経験的方法によって実行されるプロセスは次のとおりです。まず、問題の定義。

その後、調査の基礎となる作業仮説が確立されます。さまざまな実験を通じて、結果が分析され、前述の仮説に関連付けられます。経験的分析手法は、検証可能なデータに基づいている限り、その厳密さと客観性の客観性が評価されます。

経験的分析法の限界

ただし、実証分析法はどの研究対象にも適用できないが、限界もある。たとえば、この確実性の基準を、魂の存在、神の存在、死後の世界などの人間の主題の研究に適用することはできません。そして、観察できない現実があります。たとえば、愛は数学の方程式として測定することはできず、人間の内宇宙(幻想、希望、愛情など)を科学的な方程式のように説明することはできません。