非常口の定義

用語自体が意味するように、非常口とは、緊急時に人がとらなければならない非常口を指します。これは、公共の建物、学校、会社、交通手段(バス)にある通常のオプションの代替オプションです。ある時点で火災が発生した場合、人々はこの出口を出て、エレベーターに乗らないでください(公共の建物の場合)。

この非常口は、その視認性を高めるためにすべての建物で明確にマークされており、予期しないことが起こった場合、人々はこのオプションを使用して建物を離れ、幸福のオプションを保証します。このタイプの出口は、建物の戦略的なエリアにあります。

学校の非常口

人々がこれらの緊急ゾーンの使い方を学ぶために、多くの従業員が働く学校やさまざまなセンターは、緊急事態が実際に発生し、人々が立ち去ることによって避難を余儀なくされた場合の行動のシミュレーションを示す避難計画を組織することがよくあります建物を整頓し、落ち着かせます。

これらのテストは、アラームイベントが発生した場合に実際にどのように行動すべきかを学ぶための教育的です。

緊急ゾーンを使用するタイミング

非常口ドアの操作はいつでも最適ですが、この代替手段は、人々がメインアクセスエリアを使用しなければならない通常の入口および出口では決して使用しないでください。

言い換えれば、建物の緊急エリアは、日常の移動で使用する規制エリアを使用して、厳密に必要な状況でのみ使用するという倫理的責任を負うことをお勧めします。

非常口の使用は、起こりうる緊急事態で命を救う上で決定的になる可能性があります。このため、企業はこれらの出口エリアがどこにあるかを労働者に知らせて、必要に応じてそれらを使用できるようにする必要があります。

写真:iStock-slobo / marcoscisetti