パイプラインの定義

石油パイプラインは、石油を製油所や港に輸送するために使用されるパイプのシステムです。ガス輸送の場合、使用される手順はガスパイプラインです。

このシステムのアイデアは、ローマ人が水を輸送するためにすでに開発したエンジニアリング作業、つまり水道橋に基づいています。

石油パイプラインは複雑な技術インフラストラクチャであり、地下パイプがチャネル化され、原油貯蔵タンクとステーションが設置されてそれを駆動します。

パイプラインの構造

技術的な観点から、石油パイプラインの建設には、タービンを動力源とするポンプ場、タービン発電機、油漏れを防ぐためのパイプのライニング、防食システム、土工などの特定の基本要素が含まれます。

このインフラストラクチャの複雑さは、3つの変数に基づいています。数百キロメートルの領域に影響を与える可能性のある作業です。その建設には、さまざまな技術分野と非常に多様な分野の専門家の参加を組み合わせる必要があります。どのインフラストラクチャでも、評価する必要のある環境への影響があります。

環境への影響

一部のパイプラインは複数の国にまたがっており、その建設は産油国の経済にとって重要です。ただし、その実装は、さまざまな生態系の変更を意味し、いくつかの方法で影響を受ける可能性があります(領域からの種の追放、その決定的な絶滅、土壌の自然特性の変更など)。

環境への影響を回避する方法を分析する

潜在的なリスクを最小限に抑えるために、発生する可能性のある不便を最小限に抑えるか排除するような方法で環境影響調査が準備されます。この意味で、自然環境だけを考える必要はありませんが、一部のコミュニティもこれらのインフラストラクチャの犠牲になる可能性があります。一方、悪影響は遺跡や循環システムに影響を与える可能性があります。

石油パイプラインの経済的利益は明らかかもしれませんが、建設前の実現可能性調査では、実行可能であり、前述のリスクを回避する可能な代替案を評価することをお勧めします(たとえば、タンクローリーによる原油の輸送)。