友達とは»定義とコンセプト

友人とは、私たちの言語では、友情が維持されている個人を示すために広く使用されている用語です。

友情が維持され、愛の結合が確立され、彼をサポートするために良い時も悪い時も共有し、親密になりたいという願望を持つ個人

一方、友情とは、2人以上が維持する対人関係であり、特に関係者同士が公言する愛情、愛情、愛情が特徴であり、善悪を問わず同行することになります。一人一人の人生の瞬間、そしてまた彼らが彼らの人生について話し、興味のある他のトピックに取り組む外出、出会いを共有するために。

友情は、間違いなく、人間が私たちの人生を通して育む最も重要な関係の1つです。なぜなら、子供時代からそれを発見し、それが何年にもわたって維持されれば、友情は私たち自身の人生と同じくらい続くことができるからです。

友好的な関係は、関係者間の深い感情に基づいています。これは愛とも呼ばれますが、パートナーや家族に対する愛とは明らかに異なる範囲と特徴を持っています。

信頼、交際、平等に基づいて、一生続く関係

夫婦の別居の結果としてある時点で中断される可能性のある愛の関係と比較して、私たちが言ったように、友情はそれがしっかりしているとき、一生維持されます。友達同士で違いがあるかもしれませんが、それは通常話で克服されますが、それが強くて友達同士の愛がある場合、それは愛の絆とは異なり持続します。

一般的に、友人は私たちと同じ興味や懸念共有し、それがどういうわけか関係の始まりを示していますが、私たちが友人とあまり多くの好きなものを共有しないこともありますが、それはそれである愛とサポートです持っている、そして彼は私たちを持っている、それはどんな種類の違いをも超えるほど素晴らしいです。

友情が継続し、定着するための基本的な要素は、双方が相互の信頼を感じ、それが彼らを開放し、良いか悪いかにかかわらず、お互いに何が起こっているかを伝えることです。

友人が他の人に助けを求め、彼がこの点で応答しないか失敗した場合、確かに友情は壊れたり憤慨したりするので、助けと協力も不可欠です。

そして、友情は、どちらも課されていない、等しい等しい関係を意味することを無視することはできません。

本当の友達は、困難な状況で私たちとの連帯を示し、必要に応じて私たちの幸せを彼自身のものとして感じるでしょう

友情に関しては特別な気質を持っている人がいて、非常に短い時間で友達になり、外出や個人的なイベントなどの問題を共有することに注意する必要があります。恥ずかしがり屋で社交的でないため、人生のさまざまな段階で育った友達がほとんどいない人々です。

また、社会的側面に特定の欠陥があり、友達を作ることや、長期にわたって維持することが難しいと感じる人もいます。

一方、性格も友情に影響を与え、自然に不快で攻撃的な人は庶民に拒絶され、必ず友達がいないため、このような関係を築くのは難しいでしょう。

友人が少ないか多いかにかかわらず、友情は個人の生活において非常に重要な問題であり、そのため彼または彼女は満腹で付き添っていると感じます。

友達のいない生活はとても悲しく、対処するのが難しいかもしれません。

経験豊富な専門家によって行われた研究によると、友人がいない人は、不幸であるだけでなく、正確に一人であり、他の仲間と悲しみや栄光を共有する可能性がないため、うつ病などの精神的問題を発症する可能性があります。

しかし、私たちは必ずしも人間との友情を減らすことはできません。動物同士の友情関係を維持していることも現実であり、意図的に2匹の動物、たとえば2匹の犬の友情を評価することも不思議ではありません。

また、多くの人はペットとの厳格な友情関係を維持しており、それを友人と見なしています。

その他の用途

一方、一般的な言葉では、「友達」という言葉には、次のような他の用途があります。友好的な特徴を持つものを指定する(「現時点で本当に助けが必要」)。何かや活動に対して感じる傾向に(「私のいとこは夜の友達です」)。そして、まだ正式になっていない恋人やパートナーの同義語として(ローラには新しい友達がいます」)。