論説の定義

意見記事は、世論の関心を喚起する問題についての特定の人またはメディアの感情または考えを表現するジャーナリズムのテキストです。意見記事は、政治、経済、社会、ショー、スポーツなど、さまざまなトピックを扱っています。いずれにせよ、地域社会に具体的な影響を与える関連性のある強力な出来事が国で発生した場合、主要新聞のページに意見記事がたくさんあると言わなければなりません。

構造

事実を明らかにした後に言及されたいずれの場合でも、著者は彼の意見を公表します。それは特定の組織化された構造を持っており、バリアントを提示できますが、通常は簡潔ですが明確な方法で、意見が与えられる主題、問題の意見が続き、通常はいくつかの情報または排他的な情報が付随しています作成者がイベントに関する情報を取得するデータ。通常、オフレコまたは信頼できるソースから取得します。最後に、前述の記事を締めくくる結論が出ました。

読者の批判的な精神を目覚めさせようとする著名な作家

一般に、意見記事を書く人は、文学、政治、その他の分野で、問題の媒体に定期的に書き込むか、それを怠る、間隔を空けた周期で、環境と現在、つまり、関連するイベントがその範囲内で発生した場合、専門家の意見でそれを説明および解釈するために呼び出されます。この記事の目的は、通常、それを読む人の意見影響与えることですが、イベントの解釈を提供することによってトピックについて考えさせること、つまり、読者の批判的思考を刺激することでもあります

その主な文体の特徴の中で、これらのタイプの記事が主に書かれている心地よい言語が際立っており、このように読書家の注目を集めるという明確な使命があります。

一方、意見記事は、メディアが従う社説と一致する場合と一致しない場合があります。つまり、このタイプの記事では、通常、それが何であるかに関して表現の自由に制限はありません。あなたが尊重しなければならないのは、媒体がスペースに関してあなたに課す制限です。

一方、通常混乱する記事である社説主な違いは、意見記事の特定のケースでは、人がそれに署名するのに対し、社説は決して署名されないということです。

このタイプの記事は、いわゆるジャーナリズムの意見のジャンルに分類されます。これは、関心のあるトピックに関するキャラクターまたはメディアの説明と議論を特徴とするものです。意見は、事実を生み出す原因の探求に他なりません

メディアの編集ラインの強化

基本的に、新聞でこの種のジャンルを使用することは、持続する編集ラインを何らかの形で強化するために与えられますが、意見ページは読者によって最も読まれ、最も興味をそそるものであることがわかります。

その起源と最大の表現は新聞、特に新聞の読者が多い日曜日に見られると言わざるを得ませんが、意見記事はジャーナリズムなどの分野での進歩に合わせて進化してきました。このタイプの表現は、テレビのニュース、ラジオ、インターネットで見つけることができます。

新聞の意見記事の偉大な著者の多くでさえ、たとえば、同じ慣習を新聞からゴールデンタイムのニュース番組に移すためにテレビをパレードする同じ人です。さて、テレビが通常持っている限られた時間の結果として、分析はそれほど広範ではなく、主題の核心に直接行くと言わなければなりません。