帰属意識の定義

帰属意識は、人が対象物または材料の良好な上持っていることを所有または所持の意味を指します。つまり、帰属意識は、物の所有者とその財産との間に存在する関係を示しています。帰属意識は、その重要な資産の使用と享受に関して所有者に特定の権利を提供します。

この所有権の感覚から、倫理的および道徳的な観点から、誰もが他人の財産を尊重する責任があるので、社会秩序と尊敬が確立されます。私たちは明らかに唯物論の傾向があり、多くの人々が自分の価値を自分の持っているものに間違った方法で置いている社会にいます。

ある人が別の人に属することはありません

帰属意識任意の所有者は、自分の利益のためのオブジェクトを利用することができるように、物事が使用されていると楽器の関係が確立されていることを示しています。この観点から、一方で、ある人が別の人の所有物になることは決してないことを指摘しておく必要があります。したがって、個人的な関係は自由に基づいていることを覚えておくことが重要です。たとえば、嫉妬深い人は、恋に落ちるレベルでも帰属意識を内面化したため、愛の概念が間違っています。依存関係の場合も同じことが起こります。

問題のある関係

ただし、嫉妬や従属関係は健康的な愛ではないことを覚えておく必要があります。物事と物質の宇宙の平面上にある間、財産の概念があります、それどころか、個人的な関係の宇宙には、いつでも関係を確立したり、それらを壊したりする自由があります。

メンバーシップを一部として理解する

帰属意識は、彼が友人のグループの一部であるか、または従業員は、彼が作業チームの一員であると感じている場合でも、作業レベルでは、この感覚も発生していることと、例えば、人の感じる感情的な価値を持つことができます。この観点から見た帰属意識は、自尊心とモチベーションを提供しますが、誰もが自分の最も近い環境に統合されていると感じることが不可欠です。

帰属意識を物質的な観点から分析すると、誰もが特定のライフスタイルを持ち、家などの物質的な所有物から生じる費用を支払うために一生懸命働くので、それは仕事と明確に関連しています。家は帰属意識が最も高い場所です。