円の定義

円は、閉じた曲線から確立された形状で構成される幾何学的図形であると理解されます。円には、その中心から確立されたすべての点が、周囲として機能する線に向かって同じ距離を持っている、つまり、それらが等距離にあるという主な特徴があります。円が何を表すかという点で重要な説明は、円が円周内の平面の表面であることを示すものです。したがって、円周は円の限界または周囲長であり、閉じた曲線によって確立された限界です。したがって、一般的な言語では通常このエラーが発生しますが、両方の用語を混同したり、同じものと見なしたりしないでください。

円は、円錐など、他の図形が構築される最も基本的な幾何学的図形の1つです。それは決定要因として直線を持たない唯一のものであり、したがってその中で確立できる角度は必然的に架空の内部直線のマーキングを必要とします。したがって、円周では、円周と同様に、頂点はありません。

各円の特定の特性を分析または定義するときに重要ないくつかの概念があります。この意味で、私たちがサークルについて話すとき、私たちは常にラジオについて話さなければなりません。半径は、円の中心と円周上の任意の点との間に確立されるセグメントです。適切な円について話すためには、半径と円周の間に確立するすべてのセグメントが同じ長さである必要があります。つまり、半径と円周または周囲から等距離にある必要があります。

もう1つの重要な概念は直径の概念です。直径は、円周上のある点から別の点にセグメントを描画する場合の円の長さであり、常に中心を通過します。直径を描く場所に関係なく、常に同じ長さである必要があるため、このセグメントでは、結果として、円を同じサイズまたは表面の2つの部分に分割できます。要するに、直径は2本のスポークの和集合です。最後に、円内に2つの異なる垂直半径をマークし、それらを円周まで延長すると、一方と他方の間でマークされた距離は円弧と呼ばれます。円弧は円の中心を通過しません。弦は、中心に触れずに円周上の2点を結ぶセグメントです。