テキスタイルデザインの定義

テキスタイルデザインは1つのであるような繊維産業に関する製品の生産に特化エリア:その他糸、繊維、織物、および一般的な衣類や装飾などの他の地域で販売されている他の製品を生産することを意図しています

一方、テキスタイルデザインは、医療、工学、建築、スポーツなどの分野での使用を目的としているため、非常に特別な精巧さが必要なファブリックを含む、テクニカルテキスタイルと呼ばれるものの開発も扱っています。実行される活動に適合した独自の特性を正確に要求します。

繊維産業は、彼らが生産するものが一般市民や商人によって大量に消費されるだけでなく、彼らが直接および間接的に雇用した膨大な数の人々のために、世界の経済の最も重要なセクターの1つです。いくつか例を挙げると、衣類、紡績、染色、高級クチュール、織りなど、密接に関連している業界で。

間違いなく、産業革命は繊維産業の発展において極めて重要な瞬間でした。一方、その拡張に賛成して追加された最も注目すべきイベントの中には、1733年に英国人ジョンケイによって作成され、綿の衣服を大量かつ高速で織り上げることを容易にしたフライングシャトルの発明があります。手動で。それまで、綿花はインドから輸入されていましたが、前述の輸入品でニーズを満たせなかったため、膨大な需要を維持するのは非常に複雑でした。

同時に、着色、漂白、印刷などの他の隣接領域が発達し始めたことに注意する必要があります。そして、紡績機と給水機の外観は言うまでもありません。