個別保証の定義

個人保証とは、生まれたばかりの個人が享受し、履行を要求する可能性のあるすべての法律問題であり、その最終的な目的は、彼らが効力を有する社会における平和、調和、秩序の達成です。彼らはまた、正義と社会福祉を獲得し、公益を達成する上で、同じ領域を共有し、住んでいる男性間の平和的共存を確保することに関しても範囲を持っています

人種、国籍、性別、年齢、宗教的または政治的信念に関係なく、すべての個人は、生まれた瞬間からこれらの保証の所有者です。何も、誰も彼らに違反することはできません、そしてその間、彼らが尊重されることを保護しなければならないのは国家です。

個々の保証の中には、働くこと、国土全体を自由に循環すること、意見を表明すること、特定のカルトを公言すること、通信のプライバシーを確​​保することなどがあります。

憲法、保証を含む母のルール

個人が所有する保証は、すべての規範の母規範であり、すべてが何らかの形で同意する国の国民憲法表現されています。つまり、彼らは憲法上のランクを持っており、対応する憲法がやがて設立した政治システム。言い換えれば、個人の保証は憲法上の権利です。その間、彼らの方向性は常に人間の尊厳に向かって前向きな方向にあります。政治システムの発展には保証が不可欠であることに注意する必要があります。

国家の憲法は、国家の最高法規としてみなされ、それは、組織、操作、政治体制を確立することと、その状態に住む人々のも個人の権利や保証です。

それはまた、ある国を別の国と区別することを可能にする最大の文書でもあります。

私たちが言ったように、母法であるため、それに反対する小さな規則は、国の憲法が保持する実質的な重要性を持っている法律がないため、違憲であると宣言される可能性があります。

個人の保証を与える憲法上の権利の中には、人間に関係するものを含む基本的または第一世代の権利が認められており、第二世代と呼ばれるものは経済的、社会的および文化的です。第三世代では、人生に関連する権利は、最適で調和のとれた環境にあります。

個人保証の分割

個々の保証の宣言は、自由権利、法的安全性、平等および財産で構成されるいくつかの部分に分けることができます

平等の保証には、すべての個人が法の下で平等であり、場合によってはこの点で区別がないこと、さらに、憲法によって付与された権利、あらゆる観点からの奴隷制の禁止を享受しなければならないことが含まれます。すべての市民は、区別、高貴な称号およびフエロの禁止なしに同じ権利を持ちます。

自由の保証の範囲内で、私たちはこれらの3つの区分を見つけます:人間に固有の自由、物理的な人に対応する自由、そして社会的平面に関する人々の自由。この意味で、政治的・宗教的問題において、どのようなライフスタイルを送りたいのか、何を考えたり感じたりしたいのかを自由に決めることができると認識されています。

一方、法的安全の保証は、請願権、司法命令のみによる治安部隊による人の逮捕、および司法行政を効率的かつ効果的に受ける権利を意味します。

一方で、彼らはまた、正当化されることなく、人々が彼らのプライベートスペースで邪魔されるのを防ぎます。

そして最後に、財産に関係する保証は、地域内の土地と水域が州に対応し、州がそれらを個人に譲渡する権利を持ち、私有財産に損害を与えることを保証します。

世界の一部の地域では、攻撃、外部からの侵入、または平和を変えるその他のプロセスのシナリオがある場合、個々の保証が一時停止される場合があることに注意する必要があります。停止の決定は、執行権の行使を担当します。