不等辺三角形とは»定義と概念

三角形は、あるポリゴンの種類、その差動機能、それがされることである三方から成っ。三角形は、この幾何学的図形の辺となる3本の線を結合することによって作成されますが、前述の辺は頂点と呼ばれる点で交わります。

三角形が提示する前述の部分、つまり、辺、頂点、および内角は、常に三角形に存在し、この幾何学的物体の正弦量子条件です。

三角形を分類する方法は2つあり、1つは辺の範囲にリンクされ、もう1つは角度の幅に依存します。後者は次のタイプを提案します:長方形(脚と呼ばれる2つの側面によって決定される正しい内角を持ち、3番目の側面は斜辺として知られています)、鋭角(3つの内角は鋭角です、つまり、それらはより少なく測定します90°より)および鈍角(その角度の1つだけが鈍角です。つまり、90°以上を測定します)。

一方、辺の延長に関連するものは、正三角形、二等辺三角形、不等辺三角形を生成します。これらは、次に扱うタイプです。

不等辺三角形または不等辺三角形とも呼ばれますが、そのすべての辺の拡張子が異なるため、特徴があります。このタイプの三角形には、メジャーを持つ2つの角度はありません。したがって、この角度では、同じ角度も側面もありません。

しかし、長さによっては、斜角筋に加えて他の2つのタイプの三角形を見つけることも可能です。正三角形は、3つの辺が等しく、角度が60°の測定。

また、二等辺三角形には、同じ延長の2つの辺しかありませんが、辺の反対の角度の測度は同じです。