論文の定義

論文推論と呼ばれ、1つまたは複数の問題について注意深く系統だった思考の産物であることを特徴としています。この用語は繰り返し使用されますが、特定の質問または問題について慎重かつ系統だった推論が行われる文章またはスピーチを指します。書くことはできますが、最も頻繁に起こることは、口頭論文を見つけることです。それは、個人が特定のトピックについて行う口頭発表です。

一般的に、それは、それが取り組む問題について非常に精巧で系統だった議論をすることに加えて、取り組まれているトピックをさらに明確にするという使命を持っているグラフィック、視覚および聴覚手段によってサポートされます。

情報を伝え、一般の人々に何かを納得させる

論文は、ほとんどの場合、広く一般の人々の前で作成されます。情報を公開または送信すると同時に聴衆を説得することを基本的な使命とする傾向があるため、私的な領域で提供されることはめったにありません。

巨額の資金を調達し、それを自国のインフラ開発に投資する必要がある国の大統領を考えてみましょう。彼は外国や地元の投資家と会うとき、彼らが投資することを決定するように説得力のあるスピーチをしますお金を稼ぎ、リソースを手に入れましょう。

例に見られるように、公開されているものから具体的なことを行うように一般の人々を説得するという明確な目的があります。

主な用途

しかし、論文は最も多様な分野で繰り返されています。政治は間違いなくそれを最も使用するものの1つであり、選挙プロセスの候補者または政府の役人が論文を使用して国民とコミュニケーションをとるため、政治家の活動の不可欠なツールとして立っています。それぞれ、プロジェクトを送信するか、管理措置を発表します。

場合によっては、政治指導者にとって良い礼拝堂を習得することは不可欠です。なぜなら、それが良いときは、選択的な立場への扉を開き、一般の人々の支持を得る鍵であるからです。スピーチを上手に管理し、優れたリーダーであり、正直で、優れたアイデアを持っていても、演説で一般の人々を説得できなければ、支持を得るのは難しいでしょう。

論文は、サービスや製品の公開の要求に応じて適用されます。

企業は、新しい製品やサービスを発表するたびに、通常、それを中心に展開するプレゼンテーションショーを実施します。このショーでは、マスコミや有名人の存在が不可欠であり、もちろん、メディアとまた、彼らがローンチに彼らのサポートを与えるので、彼らを選ぶとき、消費者またはクライアントによって非常に考慮される一種の承認です。

中等教育、高等教育、大学教育の要請により、学生の自己訓練に関しては、論文は非常に一般的なツールとして表示されます。教師は生徒に、クラスで話さなければならない特定のトピックを割り当て、前述の論文を実行する前に、意識的かつ徹底的な調査を行う必要があります。

したがって、論文を実施するための最も一般的な方法は、その担当者が、会議、講堂、または学級の前で、関連するグラフィックおよび視聴覚メディアに依存して、トピックまたは主題について話すことです。件名。そしてあなたが以前にあなたの論文に付随して提示することを選択したこと。

言語と哲学の関係を説明する彼の論文は非常に明確だったので、私たちはその質問に疑いの余地はありませんでした。」