構造の定義

用語構造を通して、さまざまな問題を参照することができます。一方では、構造は全体を構成する最も重要な部分の分布と順序であると理解されています。しかし一方で、同じ用語で、互いにリンクされ、その理由が研究対象の本質、つまり現実と言語の両方を指定することになる概念のシステムを意味または話すことができます話されていることは、独自の特定の構造を持っています。そして、それを理解する人々によって一般的かつ定期的に使用されているため、単語構造が絶大な人気を博している他の分野では、それは建築にあります。

建築と工学では、この用語の使用も繰り返されますこれは、建物自体を支える鉄、木、またはコンクリートのフレームに付けられた名前だからです。間違いなく、この単語構造の意味は、この用語を使用するときに最も人気があり、広く普及しています...

基本的には、建築中の集合住宅に外装材、蛇口、開口部などの付属品をすべて配置する前に、耐久性に責任のある構造に一貫性と剛性を与える構造を配置することが不可欠です。建物が何を持っているか、そしてもちろんそれもその価値を決定します。

土木工学の一分野であるインダストリアルエンジニアリングであるため、前述の構造部分に対応する設計と計算に的確に焦点を当てた分野です。

その主な使命は、建物、壁、橋、ダム、トンネルなどの空間で、安全で機能的で非常に抵抗力があり、常に人が移動して居住する構造を実現することです。

これを行うために、構造工学は、構造を設計するために、連続メディア力学と呼ばれるものを適用します。これは、変形する固体、流体、および剛体の統一モデルを確立する機械物理学の一分野です。このように、自重、使用による荷重、風、水、雪、地震などの自然現象や気候現象による重量を支えることができる設計が行われています。

構造工学とそれを展開する専門家は、これらの手順を通じて、彼らが作成する設計が安全基準を満たすことができること、つまり、事前の警告さえも与えずに構造が崩壊しないことを保証します。

一方で、構造的な振動が居住者の静けさを妨げないなど、快適性の問題にも注意を払っています。これは、建設に使用される材料と密接に関連しています。

これらの目的は、投資された資金を責任を持って満足に使用するだけでなく、前述の基準を満たす材料を選択することによっても達成できることに注意する必要があります。

しかし、他の多くの分野でも、構造という用語を使用して、その操作、性質、または研究対象、社会科学、応用科学、天文学、工学、数学などを指します。