アスファルトの定義

アスファルトは、炭化水素とミネラルの固体でコンパクトな混合物であり、主に道路舗装の建設に使用されます。

道路や通りの舗装や屋根の防水に使用される炭化水素と鉱物の固体混合物

その最も優れた物理的特性は、その粘度、その粘着性、およびその強烈な黒色です。そして、冒頭で述べたように、道路、高速道路、高速道路の建設の要請に応じて、アスファルト混合物のバインダーとして主に使用されます。これは、さまざまな材料の断片を結合し、新しい化合物の起源を生み出すそれ自身の質量。

アスファルトの主要成分であるアスファルトとしても知られ、ビチューメン、ビチューメンで残留画分である、残る油の分別蒸留後こと底、それは最も重い部分であり、最高沸点を有する。プロセスの停止。それらは一般的に混同され、用語を同じ意味で使用しますが、アスファルトはビチューメンとミネラルの混合物であるため、アスファルトと混同しないでください。

また、アスファルトは原油の組成に含まれる物質です。

用語の由来

この用語の由来は、その存在が支配的なヨルダン川流域のアスファルティティーズ湖(死海)に由来ます。

しかし、前述の湖に加えて、完全に自然な状態のアスファルトは、ベネズエラの最大のグアノコ湖の場合のように、固体炭化水素の複雑な混合物を形成するいくつかの石油盆地のラグーンで見つけることが可能ですアスファルト湖.4平方キロメートルの面積と7500万バレルの天然アスファルトを備えた世界中。重要性が続くもう1つの同様の湖は、トリニダード島のラブレアです。

天然アスファルトは入手が簡単で品質的にも競争がなく、経済的に厳しいため、石油精製所で副産物として入手されています。 。

アスファルトに与えられている用途の中で我々は、上述したように、一方では、2つの非常に重要な存在道路や高速道路舗装の施工によることが重要と永久受信できるように、その付着性、凝集性の高い耐性特性、負荷。また、屋根の防水としても、たとえば湿度に非常に敏感でなく、雨から来る水の作用に対して効果的な結果をもたらすためです。

高速道路や道路でのアスファルトの利点

世界中のほとんどすべての道路や高速道路はアスファルトで作られています。アスファルトは、その組成により、優れた耐応力性を提供し、接着性と防水性を備えているためです。

場合によっては、とりわけ車両やトラックの輸送を優先することが理想的です。後者の場合、車よりも体積と重量が大きく、積載量も増えるため、アスファルトでの運転はタイヤの密着性によりメリットがあり、管理者にとっても便利です。高速道路では、トラックが車両やオートバイよりも明らかに摩耗が大きいことを考えると、この材料の強度はあらゆる努力に抵抗するので理想的です。

私たちが言及し、無視できないもう1つの利点は、アスファルトがもたらす不浸透性であり、雨の日にアスファルトを循環できる非常に安全な材料になります。雨の日は、横滑りやブレーキング以外の問題を避けるために常に注意を払うことをお勧めしますが、この意味で、アスファルト道路はこの材料で作られていない他の道路よりも安全性が高いのが現実です。

一方、アスファルトがさまざまな理由で到達しておらず、砂や土でできている道路は、大雨が降ると遮断されたり、役に立たなくなったりする傾向があります。浸水した未舗装の道路を車で運転することは、行き詰まる可能性が高いため、実際には不可能です。

道路や高速道路のアスファルトには、通常、歩行者が循環して横断する必要があることを示す使命を持った太い縦の白い縞模様など、運転者向けのさまざまな表示が描かれています。

車線の分割も白で描かれています。

デュアルレーンルートでは、反対側の視界が悪く、正面から車が来ていないことを確認できるので危険であるため、車が車線を通過できないことを示すために黄色に塗られています。