確率の定義

確率は、あるいくつかの可能性、イベントまたは状態発生の間に存在する可能性。次に、確率は、コンテキストが事前に想定している安定条件のおかげで、すべての可能な結果がわかっている実験を実行するときに結果が得られる頻度を測定します

確率の科学的研究は、他の数学的質問で起こったこととは異なり(明らかに両方の分野が互いに密接に関連しているため)、たとえば、ほとんどの偉大な思想家たちは、当時、他のより決定的な質問で自分たちの考えを占めていたようです。ですから、確率の問題を研究し、深めることは、むしろ現代的な出来事であると言えます。

確率の大きな味方は、いわゆる確率論です。なぜなら、それが仮定し、支持していることのおかげで、人間はいくつかの潜在的なイベントが最終的に発生することを予測できるからです。前述の理論は、統計学、哲学、数学、科学などの分野で広く使用され、参照されて、それらを占める潜在的なイベントに関する結論を導き出します。

確率論は、ランダムな現象の分析を扱う数学的モデルです。これは、特定の条件を考慮して実行された実験の結果が一意で予測可能な結果を​​生成し、それが何度も繰り返されるという、すでに決定された現象に対する反対を意味します同じ条件が尊重される限り、再度実行されます。

たとえば、海面で摂氏100度に加熱された水は蒸気に変わります。これは、すでに決定されている現象です。一方、確率論が扱うランダムなものは、同じ状況下で何千回も実行できますが、常にさまざまな選択肢があります。非常に明確な例は、一般的なプレイ時にサイコロを投げることで可能になるさまざまな可能性と組み合わせであることがわかります。

おそらく、私があなたに説明したこれは、私たちの日常生活にとって非常に抽象的なように聞こえます。ただし、リスク分析や商品取引では確率が影響を及ぼし、極めて重要であるため、確率は特定の社会やコミュニティの不可欠な部分として私たちの日常生活に完全に没頭しています

一例を挙げると、非常にグラフィックですが、ほとんどの政府は、人口の幸福が深刻なリスクにさらされる可能性がある将来のシナリオに対応するために、確率的手法を利用することがあります。近隣諸国から受ける可能性のある環境への配慮や外部からの攻撃の傾向に固有の問題は、ある時点で確率的測定の対象となる可能性があります。この意味で、コンピューターモデルの適用により、賢明で長期的なポリシーの枠組みの中で、イベントの確率の計算に最も疑われない変数を含めることが可能になりました。たとえば、収穫の結果を計画するとき、それらは確率から推論する際にしばしば考慮されます播種する面積、種子の種類、労働者の数、灌漑条件...しかし、現在のコンピューターを使用すると、長い干ばつや逆に洪水や洪水など、真の不可思議なものを含めることができます。

この文脈では、確率の概念をリスクの概念と同一視するという、さまざまな科学によって広く適用されている現代のアイデアが生まれます。これは私たちには途方もないように思えるかもしれませんが、それは医学で使用される非常に一般的な現象であることがわかりました。したがって、人が喫煙者であり、高コレステロール血症であり、身体活動を行わない場合、心筋梗塞または脳卒中を患う可能性が高くなる(つまり、リスクが高くなる)ことがわかっています。確率論の適用を通して、私たちは、心臓の問題の発生率を減らし、長期的な健康上の合併症を避けるために、喫煙と闘い、健康的な生活を促進することに多大な努力を払う必要があることを知るでしょう。

したがって、確率のアイデアは、通りを横断してそのリスクを定義するという単純な行為から、宇宙旅行の複雑な設計まで、日常生活の一部であることがわかります。