対話者の定義

会話に参加する人は、会話の参加者間でフィードバックが確立される会話で対話者の役割を果たします。送信者と受信者の間で対話が行われる会話。

対人会話を維持することが重要であるという礼儀のルールがいくつかあります。話す順番を尊重し、積極的な聞き取りを練習し、会話を強化する質問をします。個人的な行動の観点から、対話者にはさまざまなタイプがあります。この記事では、これについて考察します。

対話者の種類

無駄な対話者とは、エゴが過剰で、会話中に優越性を望んでいる人のことです。彼は常に他の人と競争する傾向があり、彼が最高であることを示し、他の人から賞賛を受けたいという願望と比較されます。しかし、それはしばしば反対の効果を達成します:他の人は彼ら自身を遠ざけます。

孤独な対話者は、グループの計画よりも孤独の瞬間を楽しむ人です。大規模なプランよりも友達が少ないプランの方が安心できる人です。

パーティーの魂である対談者は、カリスマ性、共感、そして自然さのおかげで、通常注目を集めているとても社交的な人の役割を示しています。彼らは他人に非常に前向きなエネルギーをもたらす大きな自信を伝える人々です。

楽観的な対話者とは、常にグラスが半分いっぱいになっていると見て、物事の良い面に注意を向ける人です。それどころか、悲観的な対話者は、彼の過ちについて頻繁に不平を言う傾向がある人です。

会話を改善する方法

相互理解を深め、コミュニケーションミスの結果として生じる対人距離を縮める態度を強化することは便利です。たとえば、会話の中断を避けるために、会話中は携帯電話の電源を切ることをお勧めします。真の共感は、他人に自分自身を治療してもらいたいように治療することからではなく、対話者のニーズを理解することから生じます。