世論の定義

世論の概念は、私的な問題ではなく、公共の問題に関してコミュニティが持つことができるさまざまな形の表現を指すために使用されるものです。世論の考えは、特定の政治的、社会的、経済的または文化的イベントの前に人々の反応または考え方について話す限り、長い間存在していました。しかし、新しいテクノロジーとインターネットの出現により、あらゆる種類のイベントの前に公の表現の形態が促進および拡大されたという事実により、この概念が過去50年間に想定した重要性が高まっていることは間違いありません。

人文科学に関連する多くの概念と同様に、世論の概念は、さまざまなタイプの状況やイベントに直面したコミュニティの表現の社会現象を指す抽象的な概念です。多くの場合、世論の考え方は政治的な問題や、コミュニティのメンバーが特定の公務員、政治家候補、政府の人格を見る方法に関連していますが、真実は、その概念が政治分野だけに限定されていないということですエンターテインメントやエンターテインメントとして知られる世界でも、社会的、経済的、文化的イベントに対する反応や考え方を示すことがよくあります。

世論は、人々の意見がほとんど何も重要でなかった他の時代に起こったこととは異なり、20世紀を通して政治システムが彼らの支持力の基礎となる基本的な要素でした。しかし、民主主義やより参加型の体制が確立されて以来、世論は無視できない要素になり、すべての政治家はより大きな支持や承認を得るために考慮に入れています。