サービスの召命-定義、概念、そしてそれが何であるか

誰かが専門的な活動を行うという信念と情熱を持っているとき、彼らは職業を持っていると言われます。一方、一般的な意味での奉仕の概念は、奉仕の行動、つまり他人に対して共感の態度を維持することを指します。したがって、奉仕の召命の概念は、他者のニーズを満たすことを目的とした専門家の傾向を指します。

これは、あらゆる活動や取引に適用できる概念です。したがって、医師、受付係、美容師、または公務員は、彼らの専門的な仕事は奉仕の召命によって導かれていると考えるかもしれません。これは、彼らのモチベーションがクライアントの満足度、親切で正直なサービス、そして最終的には専門家との職業の行使、そして同時に倫理的基準に基づいていることを意味します。

連帯援助

奉仕する召命の概念は、必ずしも有給の仕事に関連しているわけではなく、利他的かつ連帯の精神を持って実行される活動に関連しています。NGOと協力するボランティアは、見返りに経済的報酬を受け取ることなくそうします。彼らの主な動機は、自分自身の個人的な満足と他人に役立つと感じることです。言い換えれば、彼らの時間とエネルギーは、奉仕の召命の概念に直接関係する高貴な目的に向けられています。

倫理的アプローチとしての奉仕の召命

専門家は、可能な限り効率的にいくつかの仕事の義務を果たす必要があり、その見返りに給与を受け取ります。この一般的な前提に基づいて、大まかに2つの可能なアプローチがあります。

1)専門家は、契約によって確立され、そうでない場合は悪影響を与えるため(たとえば、解雇されるため)、責任を果たそうとします。

2)専門家は、それが彼の道徳的義務であると考えているため、従おうとします。後者の場合、彼の動機は彼が受け取る給与やいくつかの契約条項を超えています。

奉仕の召命における倫理的アプローチは、誰かが外部からそれを課すためではなく(たとえば、命令を与える上司)、特定の方法で行動することを強制する道徳的信念を持っているために行動することから成ります。

神の呼びかけ

クリスチャンの世界では、彼らの宗教的召命は神の召命から生じたと断言する人もいます。このように、神からのメッセージや合図を受け取った人は誰でも、自分の人生は一方向に向けられなければならないと感じます。それは、神への愛に触発された他人への愛です。この宗教的動機もまた、奉仕の召命に基づいています。

写真:Fotolia-GraphicsRF / zanna26