体の表情の定義

伍長表現の概念は、さまざまな種類のアイデアを表現するために身体、それを使って達成できる動きや形を使用する人々を指すために使用されます。一般的に、身体表現の概念は、ダンサー、振付師、パントマイムなど、言葉よりも身体を扱うアーティストに適用されます。伍長の表現の芸術は、他の人が言葉で言うことを動きで伝えることができなければならないので、常に自分の体の優れた習熟と知識、そしてより大きな表現力を必要とします。

身体表現は、アーティスト、ダンサー、パントマイムなどのキャラクターによって通常行われる活動です。この活動は、身体を使ってアイデア、感情、感覚を表現することで構成されています。このように、ダンサーは、言葉やテキストを引用するよりも、自分の体でより良い作品で愛、恐れ、喜びを表現します。通常、体を使って作業する人は、体を常設展示するため、体調を整えることが最も重要です。この活動では、特定の分野によってはかなりの消耗が必要になる場合があります。口頭言語ではなく身体表現を扱う人々は、一般の人々よりもはるかに深く、より感じられる表現形式を発達させることができると考えられています。

しかし、ボディーランゲージは単に芸術的な分野として理解されるべきではありません。この意味で、すべての人間(そして動物でさえ)は体で考えや感覚を表現します。顔のジェスチャーは、たとえば、最もよく知られているケースの1つです。何も言っていないかもしれませんが、顔の表情で不満、喜び、感情を示しています。また、姿勢、座り方、歩き方、話し方、会話の仕方など、それぞれの人に固有の表現力を持った要素です。