レーザープリンターの定義

レーザープリンターは、最新のコンピュータープリンターモデルの1つです。普通紙にテキストと画像の両方を高品質で印刷するのが特徴です。白黒とカラーの両方で印刷でき、グラフィックスの高解像度を可能にしなかったインクジェットプリンターなどの以前のモデルとは明らかに異なります。

最初のレーザープリンターは1969年にゼロックス社によって作成されましたが、このプリンターがコンピューティングマシンの一般ユーザーに人気を博したのは最近のことです。一方、このタイプのプリンタの急速な発展により、今日では、比例してわずかな時間で他のタイプの材料に大きな印刷を行うことができます。

レーザープリンタは、感光性デバイスを介して動作します。つまり、特定の種類の光の存在下で動作します。内部ミラーのシステムは、小さなレーザービームをアクティブにして、印刷の方向と強度を決定できるようにするものです。レーザープリンタで使用できる色は、黒、シアン、マゼンタ、および黄色です。

レーザープリンタの重要な要素は、他の通常の印刷システムのインクのように機能するトナーと呼ばれる粉末です。このドライインクは、転写ドラムを介して紙を引き付けたり反発したりする正および負の電荷によって紙に塗布されます。最後に、その乾燥した粉末またはインクは、印刷の品質と耐久性を高めるローラーの働きのおかげで紙に固定されます。これらのタスクはすべて、一方と他方の間でほとんど時間がかからないため、ほぼ同時に実行されます。これにより、レーザー印刷に非常に重要なもう1つの要素が追加されます。それは、サイズに応じて数秒または数分で印刷製品を準備できる速度です。