教育制度の定義

現代社会の最も重要な要素の1つとして理解されている教育システムは、社会の大部分が彼の全体と同じタイプの教育と訓練を受けることを主な目的とする人間の創造です。生活。それは、与えられた国の教えが正式に組織される一般的な構造です。

国の教育の運命を管理することを担当するこのシステムは、このプロセスに介入するすべての要素を明示的に公開する法律を通じて常に正式に明示されているように見えます。

教育システムには、個人の社会化やさまざまなトレーニングオプションなどの他の機能もあり、挿入される予定の労働宇宙に後で十分に直面します。

教育制度は、近代国家が社会の大部分で権力を強化する必要性から生じていると言えます。

この意味で、教育制度は、他の要素とともに、国家が特定の社会の政府と行政の中心的な役割を担うことを可能にすることになると、非常に重要な武器になるでしょう。これは、国民のさまざまな部門に、国家を代表するその国への帰属意識と結束感を伝えることを主な目的としているためです。国が教育制度において与えた知識と知識は、社会のすべての個人が同じ種類の教育を受け、したがってバランスが取れていることを意味します。

期間に分けて:初等、初等、中等教育

教育制度は、社会を形成する個人の幼年期から青年期にかけて存在することを特徴とし、例えば、教育の初期、初等、中等教育という、前述の人の人生の期間をカバーするさまざまな期間への組織的分割を楽しんでいます。各国のニーズや関心に応じて、教育システムは多かれ少なかれ、一般的に5歳から18歳までのレベルに編成することができます。

一方、教育は必修科目であり、知識のさまざまな分野をカバーする科目に分かれています。

評価システム

システムの有効性を保証するためには、知識評価システムを確立する必要があります。これにより、学生が教えられた内容に従って学習したかどうかを知ることができます。

学生の評価に加えて、教員が常にトレーニングと更新を行う必要があります。これにより、学生の要求に効果的に対応できるようになります。

教育は、国が管理する教育機関または私立の教育機関が行うことができますが、それを超えて、共通の基本構造、つまり誰もが同じ内容を学び、自分自身を教育する同じ可能性と機会を持つバックボーンがなければなりません。人種や社会経済状況の区別なし。

大学でのキャリアは任意ですが、ある分野に特化し、それによって彼らが自立できる職業を開発するという使命を持って人口の大部分が続くことで、時間の経過とともに強制的な段階を超えてシステムを拡張できます。経済彼の職業上の選択の専門分野で成長することができることに加えて、人生。

教育システムは、知識を受け取るために出席する人とそれを受け取る人との間の格差の考えに基づいて確立されています

一般的に、グループは多様な個人間の社会化を促進するために大きくなる傾向があります。同時に、教育システムは、レベルが上がるにつれて、知識の複雑さが次第に増すと想定しています。

そして最後に、教育プロセスのいくつかの側面の関連性を無視することはできません。もちろん、教育ガイドライン、規制、学習障害のある学生の統合など、システムの変更や改善に取り組む際には、それらを考慮する必要があります。家族が果たす重要な役割、したがって、親、教師、当局の間のリンクを確立することが重要です。