道徳哲学の定義

哲学は、さまざまな観点からの反省の手段としての最初の知恵の重要性を示す最も重要な科学の1つです。独自の目的を持つ哲学のさまざまな分野があります。哲学は人間の行動、特に演技にも反映​​されます。

その場合、倫理または道徳哲学は、何が正しく、何が倫理的に正しくないかを区別することを可能にする光になります。特定の宗教の文脈ではなく、人間の尊厳と性質に応じて人間にとって便利なものを支配する自然法の文脈で統合されている価値観。

道徳は自由から始まります

道徳はまた、人が良い行動をとることができる人間の自由に基づいていますが、不当な態度を実行する自由もあります。道徳的反省は、人間が人間として成長するために働くことにおける自分の責任を認識し、常に真実と善の原則を明確に保つのに役立ちます。

人間の最高を表現するコンセプト

アリストテレスが言うように、行動における義は人間が自分自身を完成させ、良い人生を達成するのを助けるので、道徳的な反映としての哲学は非常に重要です。しかし、それに加えて、道徳哲学は、個人の行動を通じて公益にも影響を与えるため、人間が住む社会に希望をもたらすことに貢献しなければならないという責任も示しています。

公益を探す

この観点から、道徳哲学は社会の共通善を追求します。なぜなら、グループの善は個人の幸福も育むからです。

この倫理的な反省は、社会の秩序に貢献するのに役立ちます。この道徳哲学は、人間の行動の原則が何であるかを基本原則として取ります。これらの倫理規範は、個人の向上、自己愛と他者への敬意、義務の原則、幸福の追求などの価値観で人を威厳を持っています。本質的な道徳的原則は、目的が必ずしも手段を正当化するとは限らないことを覚えておくことです。