可用性の定義

可用性の概念は、さまざまな分野や分野で使用され、何か、製品、または現象が実現、発見、または使用される可能性を指します。可用性とは、石鹸などの物または製品が使用可能であることを意味します。それが利用可能であるということは、それがアクセス可能である、それが手の届くところにある、または単にそうすることが可能であるという理由でそれを手に入れることができることを意味します。

可用性の概念は、人々が消費できる製品やアイテムなどの問題に広く使用されています。したがって、スーパーマーケットに行ってゴンドラがいっぱいになっているのを観察すると、ミルク、バター、またはチーズが入手可能であると言うのが普通です。特定の製品(より高価な製品や独占的な製品、または特定の特定の状況では利用できない基本的な製品など)が入手できないと、需要が供給よりも高いため、価格が高くなります。したがって、消耗品の入手可能性は確かに価格と経済変数に影響を与えると言えます。

可用性は、他のアイテムまたは状況を参照することもできます。人が彼らが利用可能であると言うとき、それは通常彼らがパートナーを持っていないか、彼らがどんな状況にも従事していないことを意味します、それは彼らが望むように行動する自由を持っていることを意味します。

文化または文化的生産の分野では、入手可能性の概念は、大量生産され、それらの販売に特化したすべての企業または場所で入手可能な他の製品と比較して、排他的または入手が困難な製品に関連しています。前述のように、排他的または利用できないと見なされる本や文化的アイテムは、おそらく、あらゆるスペースやビジネスで毎日利用できるものよりもはるかに高価になります。