商法の定義

商法としても知られる商法は、商法および経済交流の目的で2つ以上の当事者間に存在する可能性のある関係またはリンクのタイプを正確に制御するために、経済分野で確立される法律および規制のグループまたはセットです。商法は、行政上および法律上の問題を財政的および経済的手続きとグループ化する一種の私法であり、そのため、より要約または区切られた他の種類の法律と比較して非常に広範です。

商法は、社会のさまざまなメンバーが通常、利益または利益を表す可能性のあるさまざまな種類の交換を実行することに基づいて確立されています。したがって、商法は、すべての人に共通の規制の範囲内でそれらを規制および維持するために、ある種の利益を意味しないものではなく、このタイプの交換に関心があります。このように、商法は、この種の行動を命令し組織化するために商業活動に参加するすべての人々が尊重しなければならないパラメータを確立しようとしています。

国または地域ごとに独自の商法があり、その領域内でこのタイプの関係または関係を正常化および正規化する傾向があります。ただし、国際貿易法の条約や規制も異なります。これは、2つ以上の国の間で貿易リンクまたは交換が確立された場合に適用されます。

商法は、民間企業、個人、企業、多国籍企業間、または今述べたように異なる国や州間でさえ、利益を生み出すすべての種類の商取引に適用できます。他の種類の法律と同様に、商法の基礎は、商慣行をより非公式に規制する傾向があった以前の慣習的な要素に基づいて構築されてきました。