発熱反応の定義

発熱反応がされているエネルギーを発する任意の化学反応が、一方、我々は製品と呼ばれる他の物質になる、エネルギー可変の作用により、中に2つ以上の物質(反応物)、化学プロセスへの化学反応又は化学修飾を呼び出します。物質は元素である場合もあれば、それができない場合は化合物である場合もあります。たとえば、酸化鉄は、空気中の酸素と鉄との反応から生じる化学反応です。

発熱反応は、特にこれらの酸化反応で発生します。これは、反応物間に電子移動があり、生成物に関連して言及されたものの酸化状態の変更に道を譲る化学反応です。言い換えれば、問題のシステムで酸化反応が起こるためには、電子をあきらめる要素とそれらを受け入れる別の要素がなければなりません。

酸化反応が激しい場合、それは発火に道を譲ることができることに注意する必要があります。

既知の発熱変化の中で、凝縮、気体状態から液体状態への遷移、および凝固、つまり液体状態から固体状態への遷移が際立っています。

発熱反応の最も一般的な例は燃焼であり、膨大な量の光と熱を放出します。燃焼では、燃焼する要素である燃料と、燃焼を生成する酸化剤である酸化剤が見つかります。ほとんどの場合、それは酸素ガスです。

発熱反応に対抗する反応吸熱反応であり、逆にエネルギーを吸収する化学反応です。